FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page ›  介護 福祉 医療 › 誤嚥を防ぐために、食事前にしていること。
    2020-03-15 (Sun) 00:00

    誤嚥を防ぐために、食事前にしていること。

      うつむかなくていいよ

      背筋を伸ばして

      しっかり前を見るんだ。

      ーエリアス・エインズワースー

      認知症夫婦ある日の出来事 嫁の私観察記録。

      高齢になると飲み込む力が弱くなる。

      弱くなると誤嚥(食べ物が気管につまる)のリスクが高まる。
      家でのどつまりしては、たいへんだ。
      できれば家に、救急車は呼びたくない。

      毎日口腔を、きたえることにした。

      「むせは老化です」

      おかんは、自分のツバでむせる。

      いくら歯みがきを、すすめてもしてくれない。
      (歯みがき自体わからないのかも?)

      このままでは、食事中にノドをつまらせる可能性もある。
      食後もゲホゲホ咳を、していることもある。

      すでに軽い誤嚥しているのでは?

      ひどいことになると誤嚥性肺炎になるぞ(゚Д゚;)それはマズい。
      誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは?

      肺の中に、唾液(だえき)や胃液と一緒に「細菌、悪い菌」が流れ込むことで発症する。

      食べ物が、気管に入ることを誤嚥。

      食道と気管が隣り合わせにあるため
      元気な人は、物が入らないように気管のフタがしまっている。
      (麺類をすするとむせる嫁の私)

      高齢になるとその気管のフタの開け閉めの筋力が、落ちるため
      開いたままになりたべ物が入りやすく誤嚥しやすい。

      誤嚥すると高熱がでるが、体温調節機能が低下しているため
      高齢者は高熱がでないこともある。

      よく観察していないと誤嚥しているのかがわからない。

      おとんの場合上下自分の歯なので
      口腔ケアしてくれればリスクは少ない。

      おかんは、歯が1本もない。

      入れ歯は、自分の気分次第でつける。(歯があると誤嚥しにくい)

      歯みがきが、きらい。(食物残渣物があると口腔内の細菌がふえる)

      運動きらい。(筋力アップが誤嚥防止によい)

      今からでも誤嚥しそうだ。(T_T)

      <誤嚥予防>
      食事前にしていること。

      1.冷たい口腔マッサージ。

      おかんの好きなポカリスエットをつけた
      ハミングット(口腔ケア用スポンジ)を凍らせて使用する。
      ベロを中心に刺激しながら潤す。

      (目的:口の中が、乾燥していると舌や口の動きがにぶい。
      食べる前に口の中の細菌がとれる。
      これから食べるよと脳に伝達する。食欲もでる。)

      口腔ケア

      2.あごの真下(すこしへこんでいるとこ)のツボを押す。

      (目的:唾液がでやすくなり、歯がなくともかみくだきやすくなる。
      (飲み込みやすい)

      3.あごを引いた姿勢をつくり、足そこを床につける。
      (つばをゴックンするときの姿勢)

      ベットの場合バスタオルを巻いて足置き場にする。
      平足予防にもなる。

      (目的:口腔とのど(咽頭)で
      角度がつくのでのみこみしやすく誤嚥しにくい。)

      4.首や肩などをほぐす。
      (のどの動きや口の動きがよくなる。
      とくにデコルテ(胸)を念入りにマッサージすると呼吸が深くなる)

      ※ケアする前は、相手に伝わるように必ずケアひとつずつ声かけをすること。

      口を開けるのが、嫌いなおかんに「コレおいしいよなめてみて」と言っている。

      真正面で目線をあわせる。

      横からしないこと。(相手がびっくりする)

      時間をかけすぎないこと。(認知症は集中力が少ない)
      ケアする側は、手をかまれないようにする。口にガーゼなどかませる。

      口腔ケアは気持ちいいよとわかってもらう。


      食後もしっかり口腔ケアすることだ。
      (口腔内に食べ物のかすを残さない細菌の原因になる)
      自分で出来る人は、自立のためにやってもらう。

      高齢になるにつれ、むせていなくても、誤嚥している方などいる。

      食事前に口腔ケアすることで、
      細菌がへり、誤嚥しても重症になるリスクが低くなるのだ。

      誤嚥しないためにも、
      ふだんからの口腔ケアが大切だということだ。

      おしまい。
      お読みいただきありがとうございます。

      健康でいてくださいね(^_^)ノせばね~
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2020-05-11

      Comment







      管理者にだけ表示を許可