fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 高齢者の親と家族のスキマ › 介護家族の気持ちのズレ
    2024-02-06 (Tue) 04:38

    介護家族の気持ちのズレ


    人はそれぞれの生涯の中で
    人生の行く手に立ち塞がる
    この壁のようなものに
    ぶち当たる

    その威力を思い知る

    ー 嫁の私 ー

    お立ち寄りありがとうございます。
    アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)
    ふしぎな生活を共にする嫁の私です。
    気がついたことを書いています。

    介護される側とする側、互いの気持ちは
    かみ合わないものです。

    クーさんねる1

    厄介な病気にみまわれたとき、孤独になりやすいことは
    親をみていればわかります。


    親がハブりのいいときには周りに群がった人々も、
    本人がおち目になったり、他人とはちがう状態になったとき、

    ただそれだけのことで本人から遠ざかって行きました。

    身内でさえ親を恥じだと考えるのです。

    今まで築き上げたものは、あっけなく崩れ裸のままの自分と
    向き合うことになります。
    地位や名誉なんて、心の支えにはなりませんね。

    親本人は高齢と病気で、身体も頭も思うように動けなくなり、
    不安は増すばかりです。


    信頼していた娘や息子は、親が衰えていく様に言い知れぬ不安を感じます。
    そのため親にアドバイスをするようになるんです。

    親は、子供に指図されたくない、けれど自分のことをわかってほしい。

    子供らは、親のわがままは困るのです。
    受け止められるほど、大人じゃないから。


    認知症の介護が始まると、家族でも気持ちがズレます。
    介護される人の気持ちを理解しないと、悪化していきます。

    本人の気持ちを理解するためには、まずは話しを聴くことだと思います。
    聴くことで、相手の気持ちがみえてきます。

    相手がみえてくることで、かかわり方もわかるようになります。

    おしまい。

    最後までお読みいただきありがとうございます。

    いつも応援ありがとうございます
    (ランキングに参加しています)


    家族に人気の漬物📷
    めしどろぼう漬け

    夕飯
    夕飯ほうれん草
    鶏モモ肉お酢煮、
    里芋、さつまいも、人参、コンニャク、厚揚げごった煮
    ほうれん草のおかか梅和えなど。(^_^)/


    介護される人が主役🌷
    スポンサーサイト



    [Tag] * 認知症 * アルツハイマー * 在宅介護 *  *  * 家族 * ズレ * 気持ち

    最終更新日 : 2024-02-06

    おはようございます。 * by inkyo
    衰えが顕著になった親の様子を見るのは特に子供にとってつらいことですね。

    子供たちにそんな姿を見せない衰え方をしたいと思っていますがこればっかりはどうにもなりません。

    鶏モモ肉お酢煮やおいもの煮つけなど美味しそうです。

    No Subject * by 園長
    アドバイスは言い方によっては
    認知症じゃなくても逆効果ですよね。
    病気になった親にひどいことを言われて
    かなり傷つくこともあって
    それでも穏やかに受け止めるしかない身内も
    大変だけど・・・

    しまぽよさんの食卓は いつも
    品数が多くて美味しそうですねっ♡

    No Subject * by ほんなあほな。
    認知症とは、関係なくても、人って羽振りのいい時には群がって、落ち目になったら掌返し・・・そんな現場を何度も見ています。
    それでも、自分が丸裸になった事に気が付ける人は何とかなりようがあるかもですが、
    肩書も何も自分を守ってくれていた鎧を無くなったのに、いまだ威張り散らす人・・・いますよねぇ。
    しまぽよさんの本日のテーマとはズレたコメントだけど。
    あ、めしどろぼう漬、美味しいですよね♪時々ネットで買ってますww

    Re: inkyo 様へ * by しまぽよ
    inkyoさま
    こんにちは。
    おっしゃるとおり、家族を守ってきた親が加齢や病気で
    今までできていたことができなくなった様子を
    みるのはつらいことです。
    能力だけで捉えると「衰えた大人」かも知れませんが、
    全体でみると豊かな世界を持っていて、
    認知症をもつ親から教わることが多いです。
    それに歳をとるということは、どういうことか親を
    みているとわかるので勉強になります。

    私は歳をとると身体はしんどいけれど、
    精神は誰よりも豊かになるんだと感じています。
    子供に少しぐらい迷惑かけても、いいのでは?と
    最近思うようになりました。
    私は義理の親の介護をしていますが、
    親に助けられていることも多々あります。
    歳をとることは悪い事ばかりではありませんね。
    いつもありがとうございます。
    しまぽよより

    Re: 園長 様へ * by しまぽよ
    園長様
    こんにちは。
    私的には、親が助けを求めない限りアドバイスしないことにしてます。
    余計なひと言になりそうだから。
    うっかり言っちゃって、怒られるし。w
    実の子たちは、親をしっかりさせたいようで
    いまだに要らぬアドバイスして怒られてます。ww

    品数ないと食べない人がいるんで~w
    めんどくさいけど作ってます。
    褒めてくださりありがとうございます。
    しまぽよより


    Re: ほんなあほな。 様へ * by しまぽよ
    ほな。さん
    こんんちは。
    肩書きや守る鎧もなくても、自分の過去にしがみつきたい人はいっぱいいますね。
    空虚だから威張ることでしか自分を保てないのかも。
    いかに自分が優れているか言いたくて仕方がないって人によく話かけられます。ww
    本日のテーマと違っても、大丈夫ですよ。
    今日の出来事でもいいです。
    対話が大事です。
    お忙しい中コメントありがとうございます。
    お気遣いありがとうございます。
    嬉しいです。
    しまぽよより

    No Subject * by ReikoJanvier
    話を聞いてあげるのって大事だとわかっていても、私の父は自分だけ話し続けて、私が相槌を打った後一言いうと否定されたので、返事さえもしてはいけないのかと思い辛かったです。

    Re: ReikoJanvier 様へ * by しまぽよ
    Reikoさま
    こんばんは。
    優しかったお父様に否定されたら、とても悲しいですね。
    とても辛かったと思います。
    もうなにも言えないと距離をとりたくなるでしょう。
    私自身もそういうことがありました。
    お父様はあなたを否定したわけではないと思います。
    否定されたり、怒り出すには必ず理由があるんですね。
    認知症をもつと、健康な方とは違い言葉での
    コミュニケーションがすごく苦手になります。
    こちらが普通に話していても、すごく早口に感じるようです。
    言葉を処理するのにかなりの時間がかかります。
    混乱してしまうんですね。

    表情も真顔、悲しい顔、真剣な顔を、怒っているようにみえるようです。
    そうなると「自分をバカにしている」とネガティブに捉えてしまうんです。普段から不安になっていますから。
    こちら側してみると、日常のやりとりしているだけなのに、
    なんで怒るの拒否するのと思いますが、認知症の初期のときは
    とくにデリケートになっていますので
    細心の配慮と笑顔が必要で、話しをするにも
    言葉だけでは通じないこともあります。
    なので言葉では拒否したかも知れませんが、
    何を言っているのかわからなくなっていたのかもしれません。
    見た目ではわかりませんけども。
    なかなか難しいですね。

    いつもコメントありがとうございます。
    しまぽよより

    No Subject * by なっつばー
    介護される人が主役。
    でも、わき役だって光が当たってほしい。
    みんなが揃って幸せになりたいですね。
    だからこそ頼りになる第三者に出会えるかどうかが大事なんですよね。

    Re: なっつばー 様へ * by しまぽよ
    なっつさん
    おはようございます。
    おっしゃるとおり、頼りになる第三者が必要です。
    介護される人も介護する人も幸せになるのが一番いいですね。
    いつもありがとうございます。
    しまぽよより

    管理人のみ閲覧できます * by -

    Re: - 様へ * by しまぽよ
    鍵コメ様
    コメントありがとうございます。
    この厄介な病気は、人間の本質を知らないと誤解されやすいんです。
    本人は病気のためにアイデンティティを失われ
    自分がバラバラになっていく危険を感じています。
    常に不安と一人で闘っているので、周りに気遣いを
    しているヒマがないのです。感謝する余裕がないんです。
    何かに囚われていると、人はそのことばかりに
    目がいってしまいますから。
    本人はとても恐怖の世界に住んでいます。
    関係がちかいひとほど、甘えやすいので
    言葉にだせないこともあります。
    本人は心の中では、「ありがとう」と言ってると思いますよ。
    しまぽよより

    Comment-close▲

    Comment







    管理者にだけ表示を許可

    おはようございます。

    衰えが顕著になった親の様子を見るのは特に子供にとってつらいことですね。

    子供たちにそんな姿を見せない衰え方をしたいと思っていますがこればっかりはどうにもなりません。

    鶏モモ肉お酢煮やおいもの煮つけなど美味しそうです。
    2024-02-06-08:40inkyo [ 返信 * 編集 ]

    No Subject

    アドバイスは言い方によっては
    認知症じゃなくても逆効果ですよね。
    病気になった親にひどいことを言われて
    かなり傷つくこともあって
    それでも穏やかに受け止めるしかない身内も
    大変だけど・・・

    しまぽよさんの食卓は いつも
    品数が多くて美味しそうですねっ♡
    2024-02-06-14:08園長 [ 返信 * 編集 ]

    No Subject

    認知症とは、関係なくても、人って羽振りのいい時には群がって、落ち目になったら掌返し・・・そんな現場を何度も見ています。
    それでも、自分が丸裸になった事に気が付ける人は何とかなりようがあるかもですが、
    肩書も何も自分を守ってくれていた鎧を無くなったのに、いまだ威張り散らす人・・・いますよねぇ。
    しまぽよさんの本日のテーマとはズレたコメントだけど。
    あ、めしどろぼう漬、美味しいですよね♪時々ネットで買ってますww
    2024-02-06-14:41ほんなあほな。 [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: inkyo 様へ

    inkyoさま
    こんにちは。
    おっしゃるとおり、家族を守ってきた親が加齢や病気で
    今までできていたことができなくなった様子を
    みるのはつらいことです。
    能力だけで捉えると「衰えた大人」かも知れませんが、
    全体でみると豊かな世界を持っていて、
    認知症をもつ親から教わることが多いです。
    それに歳をとるということは、どういうことか親を
    みているとわかるので勉強になります。

    私は歳をとると身体はしんどいけれど、
    精神は誰よりも豊かになるんだと感じています。
    子供に少しぐらい迷惑かけても、いいのでは?と
    最近思うようになりました。
    私は義理の親の介護をしていますが、
    親に助けられていることも多々あります。
    歳をとることは悪い事ばかりではありませんね。
    いつもありがとうございます。
    しまぽよより
    2024-02-06-17:03 しまぽよ [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: 園長 様へ

    園長様
    こんにちは。
    私的には、親が助けを求めない限りアドバイスしないことにしてます。
    余計なひと言になりそうだから。
    うっかり言っちゃって、怒られるし。w
    実の子たちは、親をしっかりさせたいようで
    いまだに要らぬアドバイスして怒られてます。ww

    品数ないと食べない人がいるんで~w
    めんどくさいけど作ってます。
    褒めてくださりありがとうございます。
    しまぽよより

    2024-02-06-17:21 しまぽよ [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: ほんなあほな。 様へ

    ほな。さん
    こんんちは。
    肩書きや守る鎧もなくても、自分の過去にしがみつきたい人はいっぱいいますね。
    空虚だから威張ることでしか自分を保てないのかも。
    いかに自分が優れているか言いたくて仕方がないって人によく話かけられます。ww
    本日のテーマと違っても、大丈夫ですよ。
    今日の出来事でもいいです。
    対話が大事です。
    お忙しい中コメントありがとうございます。
    お気遣いありがとうございます。
    嬉しいです。
    しまぽよより
    2024-02-06-17:35 しまぽよ [ 返信 * 編集 ]

    No Subject

    話を聞いてあげるのって大事だとわかっていても、私の父は自分だけ話し続けて、私が相槌を打った後一言いうと否定されたので、返事さえもしてはいけないのかと思い辛かったです。
    2024-02-06-19:14ReikoJanvier [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: ReikoJanvier 様へ

    Reikoさま
    こんばんは。
    優しかったお父様に否定されたら、とても悲しいですね。
    とても辛かったと思います。
    もうなにも言えないと距離をとりたくなるでしょう。
    私自身もそういうことがありました。
    お父様はあなたを否定したわけではないと思います。
    否定されたり、怒り出すには必ず理由があるんですね。
    認知症をもつと、健康な方とは違い言葉での
    コミュニケーションがすごく苦手になります。
    こちらが普通に話していても、すごく早口に感じるようです。
    言葉を処理するのにかなりの時間がかかります。
    混乱してしまうんですね。

    表情も真顔、悲しい顔、真剣な顔を、怒っているようにみえるようです。
    そうなると「自分をバカにしている」とネガティブに捉えてしまうんです。普段から不安になっていますから。
    こちら側してみると、日常のやりとりしているだけなのに、
    なんで怒るの拒否するのと思いますが、認知症の初期のときは
    とくにデリケートになっていますので
    細心の配慮と笑顔が必要で、話しをするにも
    言葉だけでは通じないこともあります。
    なので言葉では拒否したかも知れませんが、
    何を言っているのかわからなくなっていたのかもしれません。
    見た目ではわかりませんけども。
    なかなか難しいですね。

    いつもコメントありがとうございます。
    しまぽよより
    2024-02-06-21:06 しまぽよ [ 返信 * 編集 ]

    No Subject

    介護される人が主役。
    でも、わき役だって光が当たってほしい。
    みんなが揃って幸せになりたいですね。
    だからこそ頼りになる第三者に出会えるかどうかが大事なんですよね。
    2024-02-06-23:28なっつばー [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: なっつばー 様へ

    なっつさん
    おはようございます。
    おっしゃるとおり、頼りになる第三者が必要です。
    介護される人も介護する人も幸せになるのが一番いいですね。
    いつもありがとうございます。
    しまぽよより
    2024-02-07-04:35 しまぽよ [ 返信 * 編集 ]

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2024-02-07-18:37  [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: - 様へ

    鍵コメ様
    コメントありがとうございます。
    この厄介な病気は、人間の本質を知らないと誤解されやすいんです。
    本人は病気のためにアイデンティティを失われ
    自分がバラバラになっていく危険を感じています。
    常に不安と一人で闘っているので、周りに気遣いを
    しているヒマがないのです。感謝する余裕がないんです。
    何かに囚われていると、人はそのことばかりに
    目がいってしまいますから。
    本人はとても恐怖の世界に住んでいます。
    関係がちかいひとほど、甘えやすいので
    言葉にだせないこともあります。
    本人は心の中では、「ありがとう」と言ってると思いますよ。
    しまぽよより
    2024-02-07-20:34 しまぽよ [ 返信 * 編集 ]