FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page ›  介護 福祉 医療 › ねこ様さま。
    2020-02-28 (Fri) 00:00

    ねこ様さま。

      おちこんだりもしたけれど

      私は、げんきです。

      ー キキ (魔女の宅急便)ー

      認知症夫婦ある日の出来事 嫁の私観察記録。

      アルツハイマー型認知症義父(おとん)と元のら猫のお話です。

      ねこに煎餅をあげるおとん
      (猫にせんべいをあげるおとん)

      「ねこ様に感謝です」

      家には、元のら猫がいる。
      10年以上前におとんが、
      犬と散歩をしているとき勝手についてきた。

      そして、今も勝手に住みついている元のら猫。
      元のら猫は「クー」と呼ばれている。
      猫が、「くウ~」と鳴くから名づけたそうだ。

      おとんは、この元のら猫クー(おす)を
      ものすご~く可愛がっている。

      自分の娘や息子の顔を忘れても、
      この元のら猫クーを忘れたことはない。

      食事するときも、寝るときも一緒だ。
      おとんの右わき腹は、元のら猫のクーのものである。
      そんなクーが、大好きなおとん。

      クーちゃんが、ひざの上で寝ていると
      なでなでしている。

      なでなでしては、「クーちゃんや」
      「クーちゃんはかわいいなぁ」とデレデレのおとん。

      なでて、

      なでて、

      なでて、

      なでて、

      シャーと怒り、ねこパンチされるおとん。
      猫も、くり返されるのは苦手なようだ。

      それでも時間がたつとまた、
      なでなでしているおとん。

      猫の毛を
      いっしょうけんめいに、
      ブラシをかけるおとん。

      自分の食べるものを、
      かならず分けてあげるおとん。
      そんなやさしいおとんをみるのが、好きだ。

      おとんが、おとんらしく生きられるのも、

      嫁の私が、幸せな気持ちでいられるのも、

      すべて猫のおかげである。

      おとんも、嫁の私も
      元のら猫クーには、頭が上がらない。

      ねこ様さまである。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。

      皆様のおかげで元気なわが家。
      感謝感謝です(^_^)ノせばね~
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2020-05-11

      Comment







      管理者にだけ表示を許可