fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 高齢者の親と家族のスキマ › はじき出された人
    2023-11-16 (Thu) 09:46

    はじき出された人


    辛いときに辛いと感じる人は

    救われるだろう

    ー 嫁の私 ー

    お立ち寄りありがとうございます。
    立ち上がれ~立ち上がれ~PC。

    アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)
    ふしぎな生活を共にする嫁の私です。

    気がついたことを書いています。
    介護される側の人は何を求めているのでしょうか?

    クーさんと今読んでいる本

    平穏無事な暮らしに恵まれている人にとっては、
    想像もむつかしいかも知れません。

    けれども世の中には、毎朝目覚めるとその目覚めることが
    おそろしくてたまらないひとがあちこちにいます。

    「今日一日をどうやって過ごしたらいいのだろうか」

    いままでと同じように認めてもらえない。

    必要とされなくなった。

    バカにされる。

    叱られる。


    認知症や精神を病んでいる人でも、
    自分が邪魔者として扱われているか、
    それともかけがえのない存在として扱われているか、
    その差を敏感に感じとるものです。

    幼い子供だって猫だって同様と思います。

    介護する人の多くは、能力低下による暮らしの障害ばかり
    目について、治そうと努力します。
    本人の意志とは、反対なことをしてしまいがちなんです。

    本人は、本当の欲求を満たせないまま過ごすことになるでしょう。

    支援の間違いに気づかないでいると、本人は自分の殻に閉じこもり、
    こちらの声が届かなくなるということを私は経験しました。


    衣食住さえ何とかなればそれでいい、というものではないのです。
    人間が人間らしく生きるためには、その先の世界が必要なのです。

    したがって、もし老いた親に生きるよろこび感をもってほしいのなら、
    なんなりと老いた人にできる役割を分担してもらうほうがよいのです。

    愛について考えるならば、老いた人の存在がこちらにとって
    必要なのだと、感じてもらうことが肝要となるのです。

    おしまい。

    最後までお読みいただきありがとうございます。

    いつもありがとうございます。
    (ランキングに参加しています)

    クーさんと本3
    どんな人が読んでも素敵な一冊になると私は思います。

    鰺

    夕飯あじさし
    きんぴら、サラスパ、鰺の刺し身


    なんの目標もない生活においては
    たんに夜昼の別、食事の時間などがあるだけで、
    あとは砂漠のような無構造な時間のひろがりと
    なってしまうのでしょうね。
    誰かに必要とされることは人生の幸せです。
    \(^_^)/今日も感謝を忘れずに過ごしたいです。


    必要とされたい🌷
    スポンサーサイト



    [Tag] * 認知症 * アルツハイマー * 在宅介護 * 義理の親 * 存在 * 必要 * 関わり方 * 介護

    最終更新日 : 2023-11-16

    そうなんでしょうね。 * by マーニ
    介護をする時の心構えでしょう。

    認知症の家族の世話を始めたら、最初は暮らしの中の不便にばかり気を取られて、本人の心のことにまで気付けない人が多いのでしょう。

    ご近所の奥様の発症から3年が経ちます。
    同居の息子さんは手が出せずに、ご主人は慣れない家事に振り回されて、奥様の介護にも疲れて来た様子です。

    トイレの始末だけでも ” 乗り越える壁 ”
    があって、ご苦労している様です。

    しまぽよさんの様に正面から受け止めて、
    自分の心にも張り合いを持って介護するのはスゴイ事なのでしょう。
    万一、自分の身に起こったらと覚悟させられる記事、良い体験になりました。有難う御座いました。

    No Subject * by ほんなあほな。
    有名なマザーテレサの言葉に、「愛の反対は憎しみではなく、それは、無関心です。だれにも望まれていないと感じるとき、人はもっとも深く傷つきます」がありますが、まさしくそう。存在を気に留めて貰えない無視される、それがどれだけ傷つけるか。これは今のいじめとかにも言えますよね。
    しまぽよさんが、読まれている本、気になるので、図書館でオーダーしました^^v熊の話、楽しみです。
    あああ、中骨の周りで出汁にして潮汁って手が有ったかも~^^

    No Subject * by ReikoJanvier
    人間が人間らしく生きる、簡単そうで難しいと思ったのは、息子がうつ病になり、その後引きこもりになった時です。義父母の介護も終わり、実家の父の見舞いに毎日行き、父が亡くなり、やっと自分の時間ができると思ったら、今度は息子が精神の病になりました。義父母と同居して辛いこともたくさんあったけれど、今の方が深刻です。息子が人間らしく生きる日がくることがあるのでしょうか???しまぽよさんの前向きな考え方、すばらしいです、また、しまぽよさんのように必要とされる人は少ないと思います。

    Re: マーニ 様へ * by しまぽよ
    マーニ様
    私も介護を始めた頃崖っぷちに立たされました。
    たいがいの人(私も含めて)は介護知識をもっていないのです。
    それでアタフタして介護される人の気持ちを考える余裕はないのです。
    相手の身になると、介護はらくになるのですけども。
    お褒めいただきありがとうございます。
    しまぽよより

    Re: ほんなあほな。 様へ * by しまぽよ
    ほな。さんのおっしゃるとおり、無関心が一番人を傷つけると私は思います。
    与えるのではなく、気にかけてるよ~が大事ですね。
    鰺の身を切るのは難しいですね。
    この骨についている身をさじでほじくり出し(笑)
    外猫さんのカリカリに混ぜましたよ♡
    ほな。さんいつもありがとうございます。
    しまぽよより

    Re: ReikoJanvier 様へ * by しまぽよ
    Reikoさま
    日々のお疲れお察し致します。
    私とは逆ですね。
    祖母の介護が終わって自由を手にいれたと思うヒマなく
    うちの母親は大病にかかり精神を病みました。
    そのあと義理の両親がアルツハイマー型認知症です。
    けれど私は相手を病人として看たことがないのです。
    なんと言えばいいかわかりませんが、義理の母に言わせると
    「おまえは求めないからいい」そうです。(笑)
    私は23年間実の母を見守り、「私を誘導しようとするな」と叫んでいた母が太陽のように笑う母親に戻りました。
    人間のもっている力を私は信じています。
    うまく言えません、ごめんなさい。
    Reiko様はすばらしいとほめていただきありがとうございます。
    応援しています。
    しまぽよより


    No Subject * by なっつばー
    ふと物忘れが続いたときに、この先にはもっと忘れていくことが多くなっていくんだろうと漠然とした不安があります。
    父と一緒に施設入所の母を見舞ったり、母の居なくなった時からは、父と一緒にランチデートしました。
    会話はちぐはぐになっていったけれど、何とか帳尻を合わせることは出来ていたかな?
    週一のことだけでしたから。
    誰だって自分のことは自分で始末したい。
    でも、できなくなった時はどうなるんだろうって思います。
    先のことをちょっと考えるだけでも不安な気持ちになるのに、その渦中にいる人はどんな気持ちなのでしょう。
    私は看る人でなく、看られる人になるので、今のうちに心構えを伝えておかなくてはね?

    Re: なっつばー 様へ * by しまぽよ
    なっつさんのおっしゃるとおり、自分の思いを家族に伝えて
    おくことは重要だと思います。
    義理の父がおかしいと感じたとき家族は病院へ連れて行くことばかり考えて、父の気持ちを聞くのを後回しにしてしまいました。
    その結果空白の2年間地獄をみることになりました。
    家族が「失敗しても愛してる~」と受け入れてしまうと、
    親も落ち着きました。
    家族を信じてくれた親に感謝しています。
    話を聞いてあげると不安は少しずつ消えていくんですね。
    話せるうちに気持ちを話すは重要です。
    懐かしい~おとんとたくさんデートしました。
    今はおかんとデートしています。(笑)
    なっつさんいつも気づきをありがとうございます。
    しまぽよより

    Comment-close▲

    Comment







    管理者にだけ表示を許可

    そうなんでしょうね。

    介護をする時の心構えでしょう。

    認知症の家族の世話を始めたら、最初は暮らしの中の不便にばかり気を取られて、本人の心のことにまで気付けない人が多いのでしょう。

    ご近所の奥様の発症から3年が経ちます。
    同居の息子さんは手が出せずに、ご主人は慣れない家事に振り回されて、奥様の介護にも疲れて来た様子です。

    トイレの始末だけでも ” 乗り越える壁 ”
    があって、ご苦労している様です。

    しまぽよさんの様に正面から受け止めて、
    自分の心にも張り合いを持って介護するのはスゴイ事なのでしょう。
    万一、自分の身に起こったらと覚悟させられる記事、良い体験になりました。有難う御座いました。
    2023-11-16-13:23 マーニ [ 返信 * 編集 ]

    No Subject

    有名なマザーテレサの言葉に、「愛の反対は憎しみではなく、それは、無関心です。だれにも望まれていないと感じるとき、人はもっとも深く傷つきます」がありますが、まさしくそう。存在を気に留めて貰えない無視される、それがどれだけ傷つけるか。これは今のいじめとかにも言えますよね。
    しまぽよさんが、読まれている本、気になるので、図書館でオーダーしました^^v熊の話、楽しみです。
    あああ、中骨の周りで出汁にして潮汁って手が有ったかも~^^
    2023-11-16-15:50ほんなあほな。 [ 返信 * 編集 ]

    No Subject

    人間が人間らしく生きる、簡単そうで難しいと思ったのは、息子がうつ病になり、その後引きこもりになった時です。義父母の介護も終わり、実家の父の見舞いに毎日行き、父が亡くなり、やっと自分の時間ができると思ったら、今度は息子が精神の病になりました。義父母と同居して辛いこともたくさんあったけれど、今の方が深刻です。息子が人間らしく生きる日がくることがあるのでしょうか???しまぽよさんの前向きな考え方、すばらしいです、また、しまぽよさんのように必要とされる人は少ないと思います。
    2023-11-16-17:32ReikoJanvier [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: マーニ 様へ

    マーニ様
    私も介護を始めた頃崖っぷちに立たされました。
    たいがいの人(私も含めて)は介護知識をもっていないのです。
    それでアタフタして介護される人の気持ちを考える余裕はないのです。
    相手の身になると、介護はらくになるのですけども。
    お褒めいただきありがとうございます。
    しまぽよより
    2023-11-16-17:35 しまぽよ [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: ほんなあほな。 様へ

    ほな。さんのおっしゃるとおり、無関心が一番人を傷つけると私は思います。
    与えるのではなく、気にかけてるよ~が大事ですね。
    鰺の身を切るのは難しいですね。
    この骨についている身をさじでほじくり出し(笑)
    外猫さんのカリカリに混ぜましたよ♡
    ほな。さんいつもありがとうございます。
    しまぽよより
    2023-11-16-18:07 しまぽよ [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: ReikoJanvier 様へ

    Reikoさま
    日々のお疲れお察し致します。
    私とは逆ですね。
    祖母の介護が終わって自由を手にいれたと思うヒマなく
    うちの母親は大病にかかり精神を病みました。
    そのあと義理の両親がアルツハイマー型認知症です。
    けれど私は相手を病人として看たことがないのです。
    なんと言えばいいかわかりませんが、義理の母に言わせると
    「おまえは求めないからいい」そうです。(笑)
    私は23年間実の母を見守り、「私を誘導しようとするな」と叫んでいた母が太陽のように笑う母親に戻りました。
    人間のもっている力を私は信じています。
    うまく言えません、ごめんなさい。
    Reiko様はすばらしいとほめていただきありがとうございます。
    応援しています。
    しまぽよより

    2023-11-16-18:31 しまぽよ [ 返信 * 編集 ]

    No Subject

    ふと物忘れが続いたときに、この先にはもっと忘れていくことが多くなっていくんだろうと漠然とした不安があります。
    父と一緒に施設入所の母を見舞ったり、母の居なくなった時からは、父と一緒にランチデートしました。
    会話はちぐはぐになっていったけれど、何とか帳尻を合わせることは出来ていたかな?
    週一のことだけでしたから。
    誰だって自分のことは自分で始末したい。
    でも、できなくなった時はどうなるんだろうって思います。
    先のことをちょっと考えるだけでも不安な気持ちになるのに、その渦中にいる人はどんな気持ちなのでしょう。
    私は看る人でなく、看られる人になるので、今のうちに心構えを伝えておかなくてはね?
    2023-11-16-23:16なっつばー [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: なっつばー 様へ

    なっつさんのおっしゃるとおり、自分の思いを家族に伝えて
    おくことは重要だと思います。
    義理の父がおかしいと感じたとき家族は病院へ連れて行くことばかり考えて、父の気持ちを聞くのを後回しにしてしまいました。
    その結果空白の2年間地獄をみることになりました。
    家族が「失敗しても愛してる~」と受け入れてしまうと、
    親も落ち着きました。
    家族を信じてくれた親に感謝しています。
    話を聞いてあげると不安は少しずつ消えていくんですね。
    話せるうちに気持ちを話すは重要です。
    懐かしい~おとんとたくさんデートしました。
    今はおかんとデートしています。(笑)
    なっつさんいつも気づきをありがとうございます。
    しまぽよより
    2023-11-17-05:17 しまぽよ [ 返信 * 編集 ]