FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 介護 › 朝食時、鼻血をだす認知症の義母。
    2020-02-07 (Fri) 11:36

    朝食時、鼻血をだす認知症の義母。


      笑われて

      笑われて

      つよくなる。

      ー 太宰治 ー

      認知症夫婦 嫁の私観察記録。

      アルツハイマー型認知症の義母(要介護3)が鼻血をだすと、
      こんなことになりますよ。と言うのお話です。
      鼻血

      おかんは朝8時に、家の台所の食卓テーブルで食事をする。
      食事を、真っ正面にし座るとテレビが見えない。
      左を、向いてすわるおかん。

      前にテーブルが無い状態で、イスの背もたれに左腕がある。
      右側に食事があるので、食べるときにむき直す。

      今朝は、おかんの好きな卵ぞうすい。
      おかんは、テレビに夢中。

      おかんに、食べてもらおうと
      ぞうすいを見ると赤い点々がついている。

      何だろう?と老眼鏡をかけ見直すと
      ぞうすいに、血がついている。

      えーーとおどろく嫁の私。
      「おかん、こっち見てくれる?」
      おかんの左の鼻のあなから、赤いものがタラ~とでている。

      「おかん鼻血がでてるよ」
      「そうかぁ?」とのんきに、鼻のあなにゆびを入れるおかん。

      ゆびに、血がつく。
      「ほんまや。なんで血がでてるんや?」
      もう一度、鼻のあなにゆびを入れるおかん。

      「そんなに、ゆびを入れたら鼻血が止まらないよ~」
      おかんの首に、かけてあるタオルで
      血を止めようと鼻を押さえた。

      「やめて~な。テレビがみえへんやん」と怒るおかん。
      怒らせるとたいへんな事になるので、タオルをはなした。

      「ごめんおかん。チリ紙鼻につめるよ」
      テイシュを丸めてこよりをつくり、左の鼻のあなにつめる。

      しかし、おかんはすぐにこよりを、外す。
      「こんなのいらんわ。気持ち悪い」
      こよりを、はずすと同時にダラっと血がでた。

      こわくて、朝食どころではない。
      おかんの口からも、血がでてきた。

      「おかんテレビ見ないで、うがいして~」
      水の入ったコップをわたす。
      洗面器を、おかんのあごの下にもっていく。
      「ベエッ」と口からだすおかん。

      洗面器の中が、真っ赤になる。
      こわい・・どうしよう・・・
      血を流しながらテレビをみはじめるおかん。

      「おとん、おと~ん」さけぶが返事がない。
      主人は、仕事に出たからいない。
      助けのおとんは、散歩(徘徊)に出かけたようだ。

      「冷やすと血がとまる」と書いていたのを思い出す。
      冷凍庫から、スーパーでもらった保冷剤をだす。

      保冷剤をタオルで巻いて、おかんの鼻にあてる。
      「おかん冷たいけど、がまんしてね」

      「なにを、すんねんさ。いやぁ~つめたい。やめていやや~」
      とさけびだすおかん。
      これはマズいと保冷剤を、外す。

      おかんは、興奮(こうふん)しだした。
      (おかんは、興奮すると怒ってあばれだす。)

      どんどん鼻から血が、でてくる。
      (興奮し血圧があがるため)
      このままでは、たいへん厄介(やっかい)なことになる。

      こうなったら、あれをやるしかない。
      おかんの正面にかがんで、目をあわせほほえむ。

      「おかん~こっちむいて♪わらって♪鼻つまむ」
      「アハハ~おもろい顔や」と笑い出すおかん。

      自分の鼻をつまんで、白目をだす嫁の私。
      (おかんが、怒り出すといつも笑わせるている。落ちつくから。)

      おかんが笑い出したので、鼻の血をとめなくてはならない。

      おかんの鼻をつまむ。
      (傷口をおさえると血がとまるため)
      おかんは、嫁の私の鼻をつまんで笑っている。

      鼻をつまんで、3分くらいすると鼻血がとまっていた。
      心配なので、鼻のあなにオロナインをぬった。
      血が、とまりホッとする。

      おかんに、血だらけの顔と手を洗ってもらった。
      血のついたタオルを、水道の水で洗い流した。
      (お湯で、洗うと血がとれなくなる。)

      洗いながら、嫁の私は思った。
      鼻からもくちからも血が、
      大量にでたら私ならパニックなる。

      なにごともなかったように、
      テレビをみながら笑っている認知症のおかん。
      さっきの鼻血のことは、すっかり忘れているようだ。

      おしまい。

      <鼻血の止め方まとめ>

      <鼻を冷やす場合>

      小さめの保冷剤(箱のアイスクリームを買うとついてくるやつ)を
      タオルでくるむ。(肌に直接は、冷たいため。)

      鼻血がでている鼻穴近く小鼻の所をひやすこと。
      血管が、収縮すると血がかたまりやすい。

      <鼻をつまむ場合>(3分位でとまる)

      1.下をむく。(のどにいかないように)

      2.鼻あなをふさぐように、小鼻をつまむ。(くちで呼吸をすること)
      (圧をかける。傷くちの血も圧をかけるととまる。)

      3.3分間つまんでおくこと。
      ※目頭の横の鼻ではないので、お間違えなく。

      <やってはダメなこと>

      1.首のうしろをトントンたたく。
      首チョップは危ないし、刺激でよけい血がでる。

      2.鼻あなにテイシュつめて、何度も交換しない。(しげきでよけい血がでます)
      つめるなら、そのまま交換せずに止まるのを待つこと。(経験済み)

      3.上をむく。
      (上をむくと、のどに血がたまりつめる可能性がある)

      寝ている時は仰向けではなく、横をむくこと。
      血がたまっても口からだしやすい。

      4.興奮させない。血圧が上がると血が止まりにくい。

      5.なるべく鼻のあなをさわらないこと。(とくに左のあな)

      ※血がついた洗濯物は、水道で流水でたたき洗いする。
      ほぼ落ちます。それから、洗剤で洗うこと。
      お湯で洗わない。

      鼻血が続くようなら、病院へ受診すること。(白血病、動脈硬化、肝機能障害、血友病など病気がかくれている可能性がある)
      以上


      ここまでお読みいただきありがとうございます。

      今日もハッピー介護です(^_^)ノせばね~

      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2020-05-11

      Comment







      管理者にだけ表示を許可