FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page ›  介護 福祉 医療 › 認知症介護で「イラっ」とした時、怒りがおさまるおまじない。
    2020-01-31 (Fri) 00:00

    認知症介護で「イラっ」とした時、怒りがおさまるおまじない。


      怒ると、その相手よりも

      自分を傷つけてしまうものよ。

      ー オプラ・ウィンフリー ー

      認知症夫婦ある日の出来事 嫁の私観察記録。

      何度も同じこと聞いてくる。
      こちらの言いたいことがつうじない。

      とくに自分が
      忙しいときにされるとつい
      「イラッ」とすることありませんか?

      私は、あります。
      イライラしてあたりまえ~。

      感情が、おさえられなくなる前に
      イライラがなおる「おまじない」のお話です。

      イラッおまじない

      おかんは、気になる事があると何度でも聞いてくる。

      「わたしの黒い着物がない。」
      「知らないよ」

      嫁の私が、一生懸命そうじしている時
      「なあ、黒い着物しらないかい?」
      「知らない」

      たとえ嫁の私が、トイレに入っていても
      「明日、葬式(そうしき)に着ていく黒い着物をしらないかい?」

      とオプションまでついて聞いてくる。
      明日、葬式などない。

      「さっきも、知らないと答えた。しつこいよおかん」
      と言いたいところをぐっとがまん。

      そしてまた
      「黒い着物しらないかい?あんた持ってたでしょ?」
      とプレミアムなオプションつき妄想になる。

      おかんが暴走するまえに、
      せんべいとお茶を出し話をそらす嫁の私。

      けれど、また「黒い着物がない」
      今はじめて質問したかのように聞いてくるおかん。

      これには、堪忍ふくろも、はれつしてしまいそうな嫁の私。

      そうなれば、おかんも認知症スイッチが入り、
      手がつけられなくなる。
      そのうえ認知症も悪化してしまう。

      これではだめだ。
      イライラしない方法は?いろいろ検索してみた嫁の私。

      介護マニュアル本に書いてあった。
      「30秒でイライラが治る呼吸法」

      ・深呼吸は、自律神経のバランスを整えてセロトニン
      (幸せホルモン)のぶんぴつを高める効果がある。

      ・口をすぼめてフッーと5秒間かけて息をはき、
      鼻から3秒かけて息をすいこむ。

      この深呼吸を3回くりかえす。と書いてある。
      よっしゃ~(゚ヮ゜)レッツトライ


      おかんが、また聞いてくる。
      「おまえが盗んだ黒い着物をかえして」
      呼吸法どころではない嫁の私。

      とにかくおかんの顔をみたくないのでトイレに逃げ込んだ。

      自分の顔をぺちぺちたたいた。
      そして大きな声で「わあ~あ~」とさけぶ嫁の私。

      トイレの中で、
      ひとりさけんでいるうちに、自分がおかしくて笑った。
      なんかスッキリした。

      5分後、おかんの所にいった。
      なぜか落ち着いているおかん。

      それからイライラしたときは、
      とにかく離れることにした。
      時間をおくことで、認知症のおかんは忘れるのだ。

      <嫁の私のおまじない>

      <イラッとした時のおまじない>

      1.とにかく離れる。(排泄介助中でも)

      2.ひとりになったら、おもいっきり顔のまえで、両手をバチンとたたく。
      手がしびれるくらい。

      同時に「あ~」と腹の底からさけぶ。

      3.最低でも、3分間待つ。
      ひとりでいること。

      4.「まっいいか」と言う。口ぐせにする。

      ※毎朝かがみを見て「今日も楽しい介護」と言う。
      脳が、楽しいと判断するから。

      怒らない自分に、ご褒美(ほうび)をあげる。
      嫁の私は、コンビニでデザートを買う。

      とまどう介護生活は長くないと思えてくる。
      これがなぜか以外と効果があるのだ。習慣づけること。



      おかんとケンカするのは、かんたんだけど
      あとあとめんどくさい(認知症スイッチが入るから)。

      怒ってしまった自分が
      いやで自己嫌悪になるのもいやだ。
      人間イライラしてあたりまえ。

      「心がいたい」という気持ちがなくなっては、
      人間をやめなければいけなくなる。

      いくら親を介護しているからといっても、
      自分を大切にすることをわすれてはいけないのだ。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。

      今日もハッピー介護です(^_^)ノまたね~サンキュ

      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2020-09-20

      Comment







      管理者にだけ表示を許可