FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page ›  介護 福祉 医療 › 認知症・・家族が壊れる前に
    2019-10-06 (Sun) 11:35

    認知症・・家族が壊れる前に

    おとんアルツハイマー型認知症。体は至って健康、元気すぎる。
    おかんアルツハイマー型認知症。逆流性胃炎、右前腕骨折。骨粗鬆症あり。鬱気味。
    認知症夫婦のお話です。(見守り人:おとんの息子の嫁でございます)

    先日から娘様の家に引き取られたおかん。
    おとんはひま。
    毎日日課のようにおかんとケンカしていたので
    おとんはひま。ヒマ。ひま~。
    てことで・・・おとんがはじめたこと。

    カラスにパンをあげる。
    小動物にやさしくすると自分の心がやすらぎますからね。
    二階の窓からパンをポイポイ。裏の家の屋根にポイポイ。
    日増しに増えるカラス。日増しに増えるパンくず。
    見過ごせない嫁の私。しかし・・「やめてください」と言えない嫁の私。

    ただひたすら掃除。
    裏の家からの苦情をサラリとかわし、下に落ちたパンくずを拾う毎日。
    屋根にこびりついたカラスの○○は許してください(ー人ー;)。高いとこ苦手。
    おかん早く帰ってきて~。
    次回につづく。

    この記事は過去の記憶をさかのぼり書いています。
    読んでいただきありがとうございます。
    読んでいただいたあなた様に本日もれなく福が届きますよ。
    楽しい一日を~。
    おとんコレクション
    介護のつぶやき
    おとんの趣味は収集。(本日の拾いもの写真↑)
    毎日道ばたに落ちている物をひろってくる。
    私嫁はそれらをおとんにバレないように捨てるのが趣味。
    この収集で警察にご厄介になったこともある。
    娘様にも激怒され「ワシはもうやらん」と反省。
    ・・とおもいきや・・今日もセッセと拾ってきます。
    おしまい。



    スポンサーサイト



    最終更新日 : 2020-06-28

    Comment







    管理者にだけ表示を許可