fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 食事 工夫 › むせやすい親の食事は、とろみをつける。
    2022-08-14 (Sun) 14:46

    むせやすい親の食事は、とろみをつける。


    焼いて喰おうが、煮て喰おうが

    いつもポン酢醤油

    ー 嫁の私 ー

    お立ち寄りありがとうございます。
    アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)
    不思議な生活を見守る嫁の私です。

    高齢になった親は、お茶を飲んだだけむせこみます。

    喉をつめないように、食事にとろみをつけています。
    とろみをつけるとき、ダマになりませんか?
    とろみの付け方を書いています。

    トロミ剤2



    老いた親がむせると、顔を真っ赤にし、胸をうならせるように咳をします。
    今までどおりの早食いでは、いつか喉をつめるでしょう。

    飲み込むスピードを、ゆるめなくてはいけません。

    その為、口に入れる物に、とろみをつけるのです。
    とろみのつけ方は、いろいろあると思います。


    例えば、調理の仕方で、野菜にとろみをだす。

    私は、料理の腕がないので、もっぱら素材の良さに頼ってます。

    ナスは、はりがよく、つやのある新鮮なものを使います。


    まずナスの皮に、包丁でななめに細かく切れ目を入れ、
    格子状のナスにする。
    それを昆布とかつおのだしで火にかける。

    ごく少量のめんつゆとみりんで味をつけ、鍋ごと冷蔵庫でひと晩寝かす。

    翌日、とろりといい色にしあがったナスに、しょうがをおろし食べるのです。
    ひんやり喉がごしが良いナスは、弱くなった喉をすんなり通ります。


    もうひとつは、片栗粉ではなく、トロミ専用の粉をつかいます。

    トロミ剤1

    味が変わりにくく、すべりのよいトロミ状にすることができます。

    注意することは、とろみをつけすぎない、ダマをつくらないことです。
    つけすぎると喉をつめる危険があります。
    (水150ccに対し大さじ1杯だとドロドロ)

    トロミをつけます
    お茶など水分に、とろみをつけるやり方。

    スプーンを、すばやくぐるぐるかき混ぜながら、粉を入れます。
    (マドラーなど可)

    けれど、ぐるぐる混ぜるだけでは、中央に粉がより、ダマになりやすい。

    波だつように、スプーンを上下に動かすといいです。


    牛乳などの乳製品は、固まるまで時間がかかります。
    粉を追加すると、ダマの原因になりやすい。


    使用する本人の飲みこむ力(嚥下機能)で、とろみの濃さを
    使い分けると良いですね。
    むせやすい物に、とろみをつけるということです。(お茶やワカメなど)

    くれぐれも、とろみをつけすぎませんように。

    おしまい。

    ここまでお読みいただきありがとうございます。


    ワンクリックありがとうございます。


    今日も健やかにお過ごしくださいますように
    (^_^)/せばね~


    とろとろ🌷
    スポンサーサイト



    [Tag] * 認知症 * アルツハイマー * 在宅介護 * とろみ * 飲みこむ力 * むせ * 

    最終更新日 : 2022-08-16

    No Subject * by ほんなあほな。
    記事を読み進んでの、「(^_^)/せばね~」だったんで、
    (^_^)/せねば~~ってねばねばで読んじゃったw
    家の、オカンもオトンも、よくむせてました(;^_^A
    入院してる時の食事で、誤嚥性肺炎になって・・・ですもんなぁ。。。とろみ、大事大事。

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    おっしゃるとおりです。
    ご高齢になると、飲み込む力が弱くなるのでむせやすくなりますね。
    私も時々むせています。
    コソコソ盗み食いするからでしょうね。

    (^_^)/せばね~は、北海道で、「またね~」という意味なんですよ。

    いつもお付き合いありがとうございます。
    しまぽよより

    No Subject * by なっつばー
    とろみは大事ですね。
    でも、お年寄りって大好きなものを食べるときには、とても食べ方が上手になる気がします。
    きっと食べることに集中するからでしょうね。
    そんな楽しみも時々織り交ぜつつの、安全への配慮って大事ですね。

    Re: なっつばー 様へ * by -
    そうです。
    おっしゃるとおりです。
    好きな物は、たとえ歯がなくても、バリバリ食べられます。
    本人の飲み込む力を見極めてのとろみを使用調節が大事なんです。

    なっつさん、いつもお付き合いくださりありがとうございます。
    しまぽよより

    Comment-close▲

    Comment







    管理者にだけ表示を許可

    No Subject

    記事を読み進んでの、「(^_^)/せばね~」だったんで、
    (^_^)/せねば~~ってねばねばで読んじゃったw
    家の、オカンもオトンも、よくむせてました(;^_^A
    入院してる時の食事で、誤嚥性肺炎になって・・・ですもんなぁ。。。とろみ、大事大事。
    2022-08-15-16:42ほんなあほな。 [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: ほんなあほな。 様へ

    おっしゃるとおりです。
    ご高齢になると、飲み込む力が弱くなるのでむせやすくなりますね。
    私も時々むせています。
    コソコソ盗み食いするからでしょうね。

    (^_^)/せばね~は、北海道で、「またね~」という意味なんですよ。

    いつもお付き合いありがとうございます。
    しまぽよより
    2022-08-15-17:43  [ 返信 * 編集 ]

    No Subject

    とろみは大事ですね。
    でも、お年寄りって大好きなものを食べるときには、とても食べ方が上手になる気がします。
    きっと食べることに集中するからでしょうね。
    そんな楽しみも時々織り交ぜつつの、安全への配慮って大事ですね。
    2022-08-15-21:54なっつばー [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: なっつばー 様へ

    そうです。
    おっしゃるとおりです。
    好きな物は、たとえ歯がなくても、バリバリ食べられます。
    本人の飲み込む力を見極めてのとろみを使用調節が大事なんです。

    なっつさん、いつもお付き合いくださりありがとうございます。
    しまぽよより
    2022-08-16-17:28  [ 返信 * 編集 ]