FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page ›  介護 福祉 医療 › 今さらなんですけど・・。
    2020-01-09 (Thu) 00:00

    今さらなんですけど・・。

    どんな人に会っても
    まずその人の中にある

    美しいものを見るようにしています。

    この人の中で
    一番素晴らしいものは何だろう?

    そこから始めようとしております。

    ー マザー・テレサ ー

    認知症夫婦ある日の出来事。
    嫁の私観察記録。

    「疑問に思うこと」

    いつもは気にしないけど、
    気になり始めると頭から離れない。

    そんなときってありませんか?
    私はあります。

    今すごく気になって気になってしょうがない。

    疑問

    おとんとおかんの
    国民健康保険被保険者証がない。
    病院にかかるとき必要な健康保険証だ。

    およめにいった娘様が、
    義両親の保険証、年金などすべて預かっている。

    なので

    うちでは、
    病院へ行くためには
    娘様の所へゆき病院へとなる。

    お正月明けにおとんを病院へ連れて行った時の話。

    年末から娘様に
    電話するがつながらない。

    仕事の帰りに家に寄るが明かりがついていない。
    チャイムを鳴らすが、誰もでない。
    娘様御一行は留守らしい。

    次の日も、次の日も、連絡するが、
    つながらない。
    お正月には来るだろうと思っていたが、誰も来ない。
    病院の予約日が近づいてきている。

    日曜日の夕方やっと連絡がつく。保険証を借りにいった。

    「おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。」
    箱のお菓子をわたす嫁の私。

    「おとんケガでもしたの?今忙しいから手短にしてくれる?」
    玄関に旅行帰りなのか荷物がいっぱい。
    忙しそうなので、
    簡単におとんのお尻の傷の説明をする。

    「ぁぁそう・・悪くなったら私が
    病院へ連れて行くからいいわよ帰って。」
    と娘様。

    悪くなってからでは、遅いと思う嫁の私。

    「明日病院へ連れて、
    おわったらすぐに保険証かえしに来ます。お願いします。」

    やっと手に入れた保険証。

    おとんを病院へ連れて行き、
    帰宅後、娘様の家へ保険証を返しに行った。
    もうヘトヘトだ。


    今日から仕事が、お正月休みになった嫁の私。
    疲れもどこかへ行ったようだ。

    ほっとして、心によゆうができる。
    余裕が、できるとふっと頭に疑問が浮かぶ。

    なぜ?うちには、親の保険証がないんだろう。

    家に保険証があれば
    いつでもすぐに病院へ行けるではないか。
    娘様に聞いてみた。

    「私の両親だからあずかるのはあたりまえでしょ。
    そんなことよりちゃんと親をみてくださいね」
    とおこらせてしまった嫁の私。

    娘様の気持ちはごもっともだ。

    実の母親をみていたとき、
    保険証などすべて娘の嫁の私が管理していた。

    家に親の保険証が
    あればいいなぁと思うのは、甘い考えなのだ。

    嫁の私が介護し、
    主人が生活をささえ、
    娘様が親の年金、保健証をあずかる。

    親の介護をはじめてから、この生活があたりまえ。
    病院へ行くたび保健証を借りに行く嫁の私。

    疑問に思っても、これからもこのままってこと。
    今さらなんですけど・・・。

    お読みいただきありがとうございます。

    あきらめがはやいのが長所です(^_^)ノまたね~

    にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト



    最終更新日 : 2020-05-11

    Comment







    管理者にだけ表示を許可