fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 理解 › 認知症の人の心の理解不足がケアを困難にする。
    2022-07-03 (Sun) 16:46

    認知症の人の心の理解不足がケアを困難にする。


    おいしい食事のように日々を味わう。

    ー 嫁の私 ー

    お立ち寄りありがとうございます。
    アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)
    不思議な生活を見守る嫁の私です。

    気がついたことを書いています。

    あなたは、認知症の親を理解したいと思ってますか?


    階段おとん82

    私のそもそもの間違えは、認知症になった親の気持ちを
    わかろうとしなかった。
    症状ばかりに、とらわれていたことである。


    親が初期の頃「あれ?様子がおかしい」と気づきはじめる。
    本人の物忘れ、失敗やできなくなったことなど「だめ」な部分に
    目がいってしまうのである。

    それらに対して、親を正しくしようとやっきになる。
    親の物忘れが増えると、生活に支障がでるからだ。


    火事になりかけたり、
    冷蔵庫はおいなりさんの皮がビッシリ。
    ごみ屋敷にもなる。

    近所からは、苦情がたえない。
    介護する私は、どんどん追い込まれていた。


    追い込まれると、親が失敗をするたびに指摘し、注意がつよくなっていく。
    それが親を、なおさらイライラさせた。


    穏やかだったおとんが、家族に指摘されると、拒んだり怒りをあらわにする。
    あー言えばこー言うで、さらに家族を不安にさせ、
    イラただせることになる。

    指摘や注意が、よりいっそ強まり、悪循環を生んだのである。


    これでは、ケアどころか、家族関係も危うい。
    けれど、家族はストレスで、悪循環に気がつけないのだ。


    最初は、思いやりをもって介護していたはずなのに、
    自分を苦しめる嫌な感情しかのこらなくなる。

    それでも、介護を続けなければいけないという状況。

    どんどん悪くなるばかりだった。

    味方である家族が、親の気持ちをわかって
    あげようとしなかった結果である。


    今は反省を踏まえ10年前とは、まったく違う向き合い方をしている。
    お陰で親のありがたみを味わえる。


    ケアをうまくいくためには、悪循環に気づくことである。
    そして介護の専門の方に、早いうち介入してもらうことだ。

    必要な知識を教えてもらい、同じ人としての本人の心情、
    心理に関心をもつこと。

    理解する努力を、積み重ねることが重要である。
    そうすることで、本人の持つ可能性を発見できるだろう。


    病気の知識も大切だが、本人の心の理解不足が、
    なによりもケアを困難にさせる。

    おしまい。

    最後までお読みいただきありがとうございます。



    なにが?
    今日も笑って過ごせましたか?
    家族(ネコ含む)が元気でいてくれると
    ホッとしますね♡
    (^_^)/せばね~

    心をみつめる🌷
    スポンサーサイト



    [Tag] * 認知症 * アルツハイマー * 在宅介護 * 関わり方 * 対応 * ストレス * 怒り * 家族

    最終更新日 : 2022-07-03

    No Subject * by なっつばー
    経験から導き出した答えは尊いですね。
    長い葛藤の末に得たものは大きい。
    親が幸せを感じられると、家族も幸せになれますね。
    教えて下さってありがとうございます。

    No Subject * by ほんなあほな。
    しまぽよさんは、しんどい事やなんかも、
    客観的に見て、原因を分析してすごいなぁ・・って思ったら、
    そこに辿り着くまでの試行錯誤で、10年
    頑張って来られたんだなぁ・・・と。
    経験に裏打ちされたからこそ、今があるんですね。
    今、介護で大変な人に読んで貰いたいなぁ・・・って追い詰められてる人は、読む余裕も無いかもだけど・・・

    Re: なっつばー 様へ * by -
    もったいないお言葉ありがとうございます。
    まだまだ未熟者で、親から教わっております。
    親らしい笑顔をみると、介護をしてきて良かったと思います。

    なっつさん、いつもありがとうございます。
    しまぽよより

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    そうなんですよね。
    崖っぷちに、立ったされると、余裕がなくなるんです。
    どん底に落ちてしまうと、逆に開きなおるんだと思います。
    すごいことなのか、自分ではよくわからないけれど、
    ほめていただき嬉しいです。
    頑張ってこれたのは、親のおかげです。

    ほなさん、いつもありがとうございます。

    しまぽよより

    Comment-close▲

    Comment







    管理者にだけ表示を許可

    No Subject

    経験から導き出した答えは尊いですね。
    長い葛藤の末に得たものは大きい。
    親が幸せを感じられると、家族も幸せになれますね。
    教えて下さってありがとうございます。
    2022-07-04-00:24なっつばー [ 返信 * 編集 ]

    No Subject

    しまぽよさんは、しんどい事やなんかも、
    客観的に見て、原因を分析してすごいなぁ・・って思ったら、
    そこに辿り着くまでの試行錯誤で、10年
    頑張って来られたんだなぁ・・・と。
    経験に裏打ちされたからこそ、今があるんですね。
    今、介護で大変な人に読んで貰いたいなぁ・・・って追い詰められてる人は、読む余裕も無いかもだけど・・・
    2022-07-04-17:46ほんなあほな。 [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: なっつばー 様へ

    もったいないお言葉ありがとうございます。
    まだまだ未熟者で、親から教わっております。
    親らしい笑顔をみると、介護をしてきて良かったと思います。

    なっつさん、いつもありがとうございます。
    しまぽよより
    2022-07-04-20:05  [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: ほんなあほな。 様へ

    そうなんですよね。
    崖っぷちに、立ったされると、余裕がなくなるんです。
    どん底に落ちてしまうと、逆に開きなおるんだと思います。
    すごいことなのか、自分ではよくわからないけれど、
    ほめていただき嬉しいです。
    頑張ってこれたのは、親のおかげです。

    ほなさん、いつもありがとうございます。

    しまぽよより
    2022-07-04-20:18  [ 返信 * 編集 ]