fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 記憶障害 › 大事なことを、忘れます。(記憶障害の謎)
    2022-06-24 (Fri) 16:06

    大事なことを、忘れます。(記憶障害の謎)


    覚えていて欲しいことを忘れる病気

    ー 嫁の私 ー

    お立ち寄りありがとうございます。

    アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)
    不思議な日常生活を見守る嫁の私です。
    気がついたことを記録しています。

    私が常々、不思議に思うことは、記憶障害である親が、
    へんなとこだけ覚えているってこと。

    孫の顔を忘れても、昨日みたノラ猫を覚えている。
    それって、どうなの?

    親の不思議な記憶力には、わけがある。

    記憶障害とは?
    基本的には、情報を「覚えて(記銘し)」、「その後、一定時間、覚えておいて(貯蔵し)」、「思い出す(想起する)」という3つの過程のどこかが障害されて、情報が正しく思い出せなくなる状態です。
    <参考資料:日本神経理学会敷井裕光先生(高知大学医学部神経精神学科講座)>


    <記憶障害のなぞ>

    親の記憶力は?と言えば

    「老人会は、楽しかった?」

    「今日は行ってへんで」

    と返事が返ってくる。

    今さっき、デイの送迎車から降りたところなのだ。

    通い続けていても、まったく覚えてない。(^▽^;)

    ところがだ。

    2日前に、おかんを叩いたことは、忘れてくれないのである。

    叩かなければいけない状況ってあるじゃない?

    誤嚥予防食

    夕飯のおかずで、おかんはムセる。

    私は最初、背中をさすってた。
    おかんの鼻から水が、だらりとおちる。

    どんどん顔が白くなり、くちびるは濃い紫だ。

    「おかん、おかん聞こえるかーーー」と呼び続けるが、目の焦点があわない。

    ひいーひいーゼーゼーこれって、やばい。

    私は、おかんをかがめ、背中をバシバシ叩いたのだ。

    出せ、出せ、出せ。

    ようやく口から、ゲホゲホッと肉のかたまりが、でた。

    もう~勘弁して。
    心臓いくつあっても、足りないわ。

    助かってひと安心。なのに、なのにーーーこやつわ~。

    おかんは、死にかけたことよりも、私に叩かれたことだけ覚えてるのだ。

    ねちねちと「おまえ、昨日私をたたいたね?」

    「背中痛いねん、あーいたたた・・」

    「私殺されるんとちゃうか」

    「ごめんんさい、痛かったよね?本当にごめんなさーーい」

    もう、なに言っても、しゃーないからひら謝り。
    関係性を良くする方が、重要だから。


    なぜ、叩かれたことだけ(゚□゚*)?なんだろう。
    助けたのに、おかしいやん?


    認知症の親は、わたしが大事だと思うことは、すぐに忘れるのだ。
    忘れる症状であって、親が悪いわけではないのだけれども。
    覚えている記憶が、納得いかねェ~。


    病気から考えると、脳(海馬)をやられているのだから、
    大事なことが抜けおちる可能性はある。

    相手の行為(内容)より、感情で理解するのが、認知症なのだ。

    「痛い」という自分にとって、嫌なことされた悪い感情だけが残ってしまった。

    もしくは、私の必死な顔が怖くて、気がつかないうちにおかんを追いつめていた。

    どちらにしても、おかんは怖かっただけ。
    私に、怖かったと伝えたかっただけなのだ。

    記憶障害って、厄介だな。


    親は、財布をどこに置いたか忘れ、孫の顔を忘れる。

    そして、何度むせても、のどをつめようとも、噛まずに丸呑みするのである。

    大事なことを、忘れる病気。

    記憶障害とは、親にとっても、家族にとっても、敵であることは間違いない。

    おしまい。

    ここまでお読みいただきありがとうございます。

    ↓押してくださると喜びます。(ランキングに参加中です。)

    いつもありがとう♡

    <中ボケ期後半、着がえ方>
    裏テイシャツ
    着がえ方わすれちゃうんです。
    ↑📷めんどうだけど、服に縫い付けてた。
    亡きおとんは、プライドがあったから何時間かかろうと
    自分で着がえてた。(*^▽^*)
    おかんは、すぐに人任せ。

    実の母は、寝たきり。
    人口の骨で体はサイボーグ。
    足や手の関節がかたくどうしようかと思った。
    かがめない、手はあがらない。
    そこで私は閃いた。
    前開きの服を、背中にあわせる。
    下から両腕を先に通して、すその部分をパンツで抑えつつ、
    襟元を上にひきあげる。
    上着は下から上に着せる。
    そうすれば、一度で着がえが終わる。
    あっちやこっち動かさないで済みます。
    この方法だと、上向いて寝たまま着がえもできる。
    認知症の親の着がえは、体は動くけど、
    口の方がよく動くから違う意味でたいへんw。
    介護は人と人だから、どちらもたいへんですね。
    ムリしないことです。
    (^_^)/せばね~



    七転び十起き🌷
    スポンサーサイト



    最終更新日 : 2022-06-24

    No Subject * by なっつばー
    うんうん、私も覚えておかなくっちゃとか、これは大事だから忘れないよね・・・ってことに限ってよく忘れます。(^▽^;)
    そして、ど~でもイイことは覚えてる。
    私は興味のある無しで記憶力が変わるらしい。
    メモしないと・・・ですね。(笑)
    楽しいこと、嬉しいことが記憶に残ってくれてたらイイですね。

    No Subject * by ほんなあほな。
    記憶障害って、厄介だ・・・本当に、覚えておいて欲しい事はスルーされちゃうんですね(;^_^A
    オカンさん、喉を詰まらせて苦しかった事より叩いたことか~~理不尽なような、なんだかなんだけど(;´・ω・)
    しまぽよさん、創意工夫も忘れず、頑張ってらっしゃるわぁ。。。

    Re: なっつばー 様へ * by -
    興味あることは、心に残りやすいですよね。

    人は、他人にされたことは、覚えてるけど、
    自分がやったことは、忘れやすいですし。

    親が残りの人生楽しめるといいのですが。
    なかなか難しい~

    いつもありがとうございます。
    しまぽよより

    Re: ほんなあほな。 様へ * by -
    記憶障害も、全てを忘れるわけではないのですが、
    激しく心が動くと記憶するようです。

    とくに、うちのおかんは、ネガティブなことには、敏感です。w
    なるべく笑顔で接してますが、焦ると私は、怖い顔になるようです。

    足りない頭で、何とか頑張ってます。
    ありがとうございます、励みになります。

    しまぽよより

    Comment-close▲

    Comment







    管理者にだけ表示を許可

    No Subject

    うんうん、私も覚えておかなくっちゃとか、これは大事だから忘れないよね・・・ってことに限ってよく忘れます。(^▽^;)
    そして、ど~でもイイことは覚えてる。
    私は興味のある無しで記憶力が変わるらしい。
    メモしないと・・・ですね。(笑)
    楽しいこと、嬉しいことが記憶に残ってくれてたらイイですね。
    2022-06-25-00:42なっつばー [ 返信 * 編集 ]

    No Subject

    記憶障害って、厄介だ・・・本当に、覚えておいて欲しい事はスルーされちゃうんですね(;^_^A
    オカンさん、喉を詰まらせて苦しかった事より叩いたことか~~理不尽なような、なんだかなんだけど(;´・ω・)
    しまぽよさん、創意工夫も忘れず、頑張ってらっしゃるわぁ。。。
    2022-06-25-13:42ほんなあほな。 [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: なっつばー 様へ

    興味あることは、心に残りやすいですよね。

    人は、他人にされたことは、覚えてるけど、
    自分がやったことは、忘れやすいですし。

    親が残りの人生楽しめるといいのですが。
    なかなか難しい~

    いつもありがとうございます。
    しまぽよより
    2022-06-25-20:04  [ 返信 * 編集 ]

    しまぽよ Re: ほんなあほな。 様へ

    記憶障害も、全てを忘れるわけではないのですが、
    激しく心が動くと記憶するようです。

    とくに、うちのおかんは、ネガティブなことには、敏感です。w
    なるべく笑顔で接してますが、焦ると私は、怖い顔になるようです。

    足りない頭で、何とか頑張ってます。
    ありがとうございます、励みになります。

    しまぽよより
    2022-06-25-20:13  [ 返信 * 編集 ]