fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 高齢者 認知症 寝てばかりいる › 高齢者が寝てばかりいることで、心身に起こること。
    2022-05-29 (Sun) 13:02

    高齢者が寝てばかりいることで、心身に起こること。


      確実に、体重は増えてる。

      ー 嫁の私 ー

      お立ち寄りありがとうございます。
      アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)
      不思議な行動を見守る嫁の私です。

      高齢者や認知症になると、意欲が低下しやすくなります。
      やる気を失うと、寝ることが増えるのです。

      病気やケガでも寝ることは増えますが、寝ている状態が
      ラクな状態と思わないことです。

      たとえば、自分が風邪で三日間寝込んだあと、
      起きあがりはしんどいでしょ?

      寝た状態がつづくほど、身体はおとろえるのです。
      心もです。

      寝たきりが原因で起こることとは?

      (読み時間2分)
      猫は爆睡中

      寝てばかりいる親に起きることは、口が悪くなる、床ずれができたり、
      内臓も弱くなりやすい。

      そうなると、本人も介護する人も、負担は確実にふえるのである。


      寝てばかりいると言うことは、日常生活がベット中心になる。

      本人が、動ける範囲や目にうつるものも、限られてくる。
      閉鎖的な環境で、1日を過ごすこととなる。
      人生の終わりがくるまでだ。

      今は元気でも、刺激が少ないため認知症のリスクも高まる。

      なぜ?こうなるのかと言うとだ。

      寝ることがふえる
      故おとん📷

      日中、動かないので、夜ねむれない。
      ちょっとしたことで、目が覚める。(昼夜逆転)

      動かないため、お腹がすかない、少食になる。

      便は出にくくなるし、健康な栄養状態も保てない。

      そうなると皮膚がよわくなり、ちょっとしたことで床ずれができる。
      (褥瘡<じょくそう>と言います)

      本人が自力でできないため、介護者は、2時間おきの寝返りや
      床ずれの手当をする必要がある。


      身体を動かさないことで、関節がかたくなる。
      ※看護用語では、拘縮(こうしゅく)と言う。

      拘縮のため、ひじやヒザが曲げたり伸ばしたりできない。
      着がえや車椅子の移乗に、苦労することになる。


      関節がかたくなると、血液(リンパ)の流れがわるくなる。

      健康な人でも、正座し続けると、足がしびれてくるでしょ。

      エコノミー症候群のような赤い点々が下肢(足)にでたり、
      靴下が食い込むくらい、むくんでみたり。

      これは、循環が悪くなってるよ~と身体からのサインである。


      流れが悪いと、心臓や呼吸器にも障害がでてくる。

      肺(呼吸)が弱くなり、分泌物(痰、つば)がたまり、
      むせやすくなる。

      自力で、痰をだすことがむずかしく、誤嚥性肺炎にかかりやすい。
      (実の母は、自力で鼻水をかめなくなった)


      本人は、悪いとこだらけで不安がつのる。

      寝ているため、不安をはき出すところがない。
      ストレスがたまり、口が悪くなる。

      手っとり早いのは、身近にいる介護者に八つ当たりすればいい。

      介護する人に、口調がつよくなる傾向がある。

      受け入れてもらえなければ、心が病んでくる。

      恐怖で、うつ病やせん妄がでやすくなる。

      このような現象を「廃用症候群(はいようしょうこうぐん)」という。

      寝てばかりいると、心や体に悪いことが起きると言うことだ。

      寝たきりが原因で、負担は確実にふえてゆく。
      本人も家族もだ。


      寝た状態を介護する人の負担は、絶望的に大きい。
      (とくに、介護者が高齢の場合)

      介護サービスや助成制度をしっかり活用して欲しい。
      できるかぎり負担やストレスを、減らす工夫が必要なのだ。

      それとともに、病気や歳のせいで、体を思うように動かすことが、
      大変な本人の気持ちも理解することも重要である。

      おしまい。

      長文おつきあいくださり、本当にありがとうございます。



      <関連記事>寝たきりの人が体を起こすことでメリット3つ。

      <まとめ>
      ・寝る状態が続くことは、楽ではない。
      ・本人も介護者も、ストレスがたまる。
      口が悪くなる。
      人に気をつかう余裕がなくなる。

      ・認知症が進行しやすい。

      ・廃用症候群にかかりやすい。
      (身体機能が低下する。心身の様々な機能が弱くなる。
      床ずれ、誤嚥性肺、うつ病など)

      ・本人や介護者の負担が増える。

      ・寝たきりでも、体を起こすことが重要である。
      食事をするときベットではなく、椅子に座るなど。

      <参考資料>
      認知症ケア専門士テキスト、認知症高齢者のためのしつらえ坂本啓治著、
      コンフォートケア、母の介護記録、かかりつけの整形外科鈴木先生、
      訪問リハビリ北村先生。

      ありがとうございます。


      ご無理なさらずに、お過ごしくださいませ<(_ _)>
      認証コード、一度で上手くいかないよ~・゚・(つД`)・゚・せばね~

      座るだけで防げることもある🌷
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2022-06-01

      No Subject * by なっつばー
      高齢者の中には支援を受けることを頑なに拒む方が居ますね。
      そして介護者共々疲弊していく。
      悪循環ですね。
      外へ目を向けなければいけないのは、介護者を取り巻く人々も同じ。
      孤立させないことが大事なのに。
      そうするには現状ではなかなか厳しい状況なのが残念です。
      家の中で起こっていることは難しいですね。

      Re: なっつばー 様へ * by -
      そうなんですよね。
      我が家に他人を入れたくないと言う人が多いのです。
      うちの親もそうでしたから。
      昔と違い核家族で、介護する人が限定してしまうし、家族の意見も統一できない。

      友人も親戚も来なくなるし、どんどん離れ小島になります。

      もっとオープンになれるといいのですが、本当に難しい問題です。

      いつもありがとうございます。
      しまぽよより

      Comment-close▲

      Comment







      管理者にだけ表示を許可

      No Subject

      高齢者の中には支援を受けることを頑なに拒む方が居ますね。
      そして介護者共々疲弊していく。
      悪循環ですね。
      外へ目を向けなければいけないのは、介護者を取り巻く人々も同じ。
      孤立させないことが大事なのに。
      そうするには現状ではなかなか厳しい状況なのが残念です。
      家の中で起こっていることは難しいですね。
      2022-05-29-22:11なっつばー [ 返信 * 編集 ]

      しまぽよ Re: なっつばー 様へ

      そうなんですよね。
      我が家に他人を入れたくないと言う人が多いのです。
      うちの親もそうでしたから。
      昔と違い核家族で、介護する人が限定してしまうし、家族の意見も統一できない。

      友人も親戚も来なくなるし、どんどん離れ小島になります。

      もっとオープンになれるといいのですが、本当に難しい問題です。

      いつもありがとうございます。
      しまぽよより
      2022-05-30-16:34  [ 返信 * 編集 ]