fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page ›  介護 福祉 医療 › 褥瘡ができちゃたぁぁ。(床ずれ予防方法)
    2019-12-29 (Sun) 07:47

    褥瘡ができちゃたぁぁ。(床ずれ予防方法)


      人は
      誰にも言えないような
      過ちも失敗もたくさんある。

      温室育ちで無い限り
      人生は、試行錯誤(しこうさくご)
      のくりかえしなのだ。

      がんばれ自分。

      ー 嫁の私 ー

      認知症夫婦ある日の出来事
      嫁の私観察記録。

      褥瘡(じょくそう)ができちゃいました。

      できちゃったもんは、しかたないのだ。
      失敗は成功のもと。

      ごめんねおとん。
      ちゃあラップ

      電話が、つながらない。
      病院は休みらしい・・。年末だからね(-_-)。

      こんな時に限って、予想外なことが起きるのだ。

      昨夜おとんが、お尻が痛いと言う。

      「どれ、痛いとこ見せて」
      「いやだ。痛いだけだもん」
      「痛いなら薬つけないとね、見せて」
      「いやや」のくりかえし。

      やっとみせてもらうと、、、エエエエエエっ(゚Д゚)なんで??

      「見たくない人注意。褥瘡(じょくそう)画像あり↓↓」

      褥瘡
      褥瘡ができている。
      なんでお尻にできるの???
      ※褥瘡ができやすい部分→肩、仙骨、かかとなど
      骨がでているところ。

      <褥瘡ができた理由>

      おとんは寝たきりではない。
      どちらかというとよく歩き回る。(徘徊している)

      お尻の褥瘡(じょくそう)の位置を考えると・・・
      ズボン後ろポケットを確認する。
      ライターが入っていた。

      おとんは、たばこ大好き。
      ライターが、なければ吸えない。
      なくさないようつねに
      ライターを持っていたのだ。


      後ろポケットなので
      座るとお尻に、ライターがあたる。
      寝ているときも
      お尻に、ライターが長い時間あたっていたのだ。

      おとんのおバカ。
      気がつかない嫁の私は、大バカだ。

      おとんが、
      言わなければ褥瘡に気がつかなかった。
      今後のためにお風呂中のぞこうか?
      のぞきはいやだ。

      とりあえずポケットを縫いつける嫁の私。

      <応急処置>

      病院が開くまで、
      褥瘡が、わるくならないようにしよう。

      緑色の液たい(うみ)はでていない。
      水疱=すいほう(みずぶくれ)が
      つぶれないようにぬるま湯で洗浄し、
      オロナインつけてサランラップをはった。

      お尻なので、
      尿や便で悪化する可能性があるので
      ガーゼを、使うのはやめた。

      ラップだとテープを使わなくても
      軟こうで、密着するからかぶれ防止にもなる。

      まんがいち汚れてもすぐに交換できる。

      あくままで病院が開くまでの応急処置。
      褥瘡が悪くならなければいいのだ。
      できれば治ってほしいよ~。


      <褥瘡とは?>

      床ずれのこと。
      長い時間の圧迫によって、
      酸素や栄養が途絶えている状態がつづくと
      細胞が死滅(しめつ)してしまうこと。

      床ずれがひどくなると治すのが、
      むずかしくなる。

      <褥瘡の見極め>

      体の一部分が赤くなっていて、
      30分たっても赤いままなら、
      褥瘡(床ずれ)の可能性がある。

      医者さんや看護婦さんに相談するか、
      病院でみてもらいましょう。

      床ずれ予防方法

      1.皮膚の観察を毎日する。
      (入浴や排泄着替えの時など)

      2.長い時間同じ体せいでいない。圧迫やズレを防ぐ。
      (エアマットレスなどつかう)
      (体位交換するシーツのしわを伸ばすなど)
      3.皮膚を清潔に保つ。(入浴、体をふくなど)

      4皮膚の健康状態をたもつ。
      (保湿クリームをぬる。肌を守る。しっかり栄養をとる。)

      5筋肉をつける
      (軽い運動)

      ※体位交換しやすいが、
      バスタオルを引いたままにしないこと。
      しわやムレで床ずれが悪くなる。他の部位にもできやすい。

      円座クッションは使わない。
      圧で床ずれが、悪化します。
      (実の母で経験済み)


      お年寄りは、ごはんを食べなくなり
      栄養状態がわるくなりやすい。

      皮膚が弱くなり
      筋肉が落ちて骨がでてきます。
      骨がでてると床ずれができやすい。

      寝たきりの人は、できやすい。(自分で寝返りができません。)
      おとんのように、元気な人でも
      何がきっかけで床ずれが、できるかわかりません。

      ふだんから予防することが、とても大切です。

      介護する側は、
      気をつかうし腰も痛くなるしで、たいへんです。

      深く考えすぎずに、
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村きることからはじめましょう。

      お読みいただきありがとうございます。

      介護はうまくできない。
      時々、成功するように、なればしめたものなのだ(^_^)ノまたね~

      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2020-12-20

      Comment







      管理者にだけ表示を許可