fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 義理の母  › マスクをしてください
    2022-04-10 (Sun) 09:26

    マスクをしてください


      今、この瞬間も、いつか思い出になる。

      ー 嫁の私 ー

      お立ち寄りありがとうございます。
      アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)
      不思議な行動を見守る嫁の私です。

      このブログは、親とのかかわりで
      気がついたことを書いています。

      あなたのヒントになりますように。


      おとんマスク
      「マスクをしてください」

      この言葉が、どれだけ私を悩ませているか。


      夕方、おかんをつれて散歩へでかける。

      おかんは、足をあげずにずりずりと歩く。

      私は、おかんがつまずかないように、つきそう。

      それともうひとつ、

      コロナにかからないよう神経つかって見守っている、が。


      認知症であるおかんは、芸がない漫才師のように、
      3歩あるけば、マスクを外すのである。

      その度、私は「おかん、マスクをしてください」

      親が3歩あるけば「マスクをしてください」

      親の顔を見ては「マスクをしてください」


      何度言っても、わかってもらえない歯がゆさ。

      何度も言ってしまう、自分のアホさ。


      わかっちゃいるけど私に、ツッコミを入れてくれる人はいない。

      ひとりで親を看ていると、自分のコントロールが操縦不可能になる。

      自分の言葉で、自分を追い込み、地に落ちる。


      カッカッしたり、落ち込んだりするくらいなら、

      言葉の取り扱いに、気をつけたらいいじゃないのか。


      言葉というものは、理不尽なほどに人を混乱させ、
      いらだちさせ悲しませる。

      かと思うと、奇跡のようによみがえり、やる気を与えるものでもある。


      言葉とは自分の意のままに、することではないのであろう。

      相手を思い、たっぷり心を働かせることが大切なのだ。

      それが、お互いの幸せになるのだから。

      おしまい。

      ここまでお読みいただきありがとうございます。

      ↓押してくださると喜んじゃいます🌷

      ヽ(´∀`)ノサンキュー♡



      マスクお似合いですよ🌷
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * アルツハイマー * 義理の母 * マスク * 言葉 * 声かけ

      最終更新日 : 2022-06-16

      No Subject * by なっつばー
      蜂窩織炎は痛いだろうし発熱もあったのでは?
      すっかり綺麗になって良かったですね。
      ケアのたまものですね。

      * by -
      めちゃくちゃ熱があがって、半狂乱のおかんをなだめるのが大変でした。

      診察中、熱いといって服を脱ぎ出しちゃうし

      点滴すると、5分もしないうちに針を抜いちゃって・・・。

      もう治すしかないと思いました。

      やれば何とかなるって実感してます。

      なっつばーさま、いつもありがとうございます。

      しまぽよより

      Comment-close▲

      Comment







      管理者にだけ表示を許可

      No Subject

      蜂窩織炎は痛いだろうし発熱もあったのでは?
      すっかり綺麗になって良かったですね。
      ケアのたまものですね。
      2022-04-10-22:31なっつばー [ 返信 * 編集 ]

      しまぽよ 

      めちゃくちゃ熱があがって、半狂乱のおかんをなだめるのが大変でした。

      診察中、熱いといって服を脱ぎ出しちゃうし

      点滴すると、5分もしないうちに針を抜いちゃって・・・。

      もう治すしかないと思いました。

      やれば何とかなるって実感してます。

      なっつばーさま、いつもありがとうございます。

      しまぽよより
      2022-04-11-17:03  [ 返信 * 編集 ]