fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症の親 記憶 › 思い出の味
    2022-03-31 (Thu) 16:18

    思い出の味


      飼い主さま

      なめやすいペースト状
      魚介の香りに包まれる。

      トロのうまみが舌の上で
      とろけます。

      どうぞ、ステイック状の小袋をギュッと押し
      お口に入れてください。

      ー 愛猫より ー

      アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)不思議な行動を
      観察する嫁の私です。
      お立ち寄りありがとうございます。

      気がついたことを書いています。
      あなたのヒントになりますように。


      おとんラーメン好き

      ー 思い出の味 ー


      「ラーメン」

      亡きおとんのお約束である。

      私が「うどん食べる?」と聞いても、返事はかわらない。

      認知症が進んで、頭の中はラーメンだけ。

      私は、そのように解釈していた。

      あとで自分が、浅はかであると気づく。


      天下一品(ラーメン屋さん)にいった時である。

      いつもおとんは、ラーメン屋で「しょうゆ」を注文する。

      それなのに天一だけ、「こってり」を注文するのだ。

      私は、面を食らった。

      記憶を失ったおとんが、メニューを見ないで即答するのだから。


      「おとん、どうして醤油じゃなく、こってりなの?」

      わたしは驚くあまり、大きな声になる。

      おとんは、静かにしゃべりだした。

      「わし、ここのラーメン好っきやもん。

      戦後、初めてラーメン食べたとき、くそマズ~ってな。
      重曹くそうて、くそうて(くさくて)食べられたもんじゃない」

      「それがやで、いつだったかな?友達と食べたんや、
      なんて上手いラーメンなんや、ってな」


      「天一が、おとんの味なんだね」

      「そやで、わしの味やで」

      おとんは、楽しそうに語っていた。


      味にも、記憶があるのだと教わったのである。

      今では、おとんの味が、私の思い出の味なのだ。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。

      ↓クリックすると、喜びます。

      ありがとさ~んヽ(≧∀≦)ノヤッホ

      <今日の幸せ>
      今日も猫のいいなり。

      明日、四月がきますよ(^_^)/せばね~

      幸せの味🌷
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * アルツハイマー * 義理の父 * ラーメン * 思い出 *  * 記憶 * 学ぶ

      最終更新日 : 2022-04-01

      No Subject * by なっつばー
      思い出の味。
      記憶の奥底にある味って、鮮明に残っているのでしょうね。
      父も晩年、鰻が食べたいと言い出しました。
      それまでは高いからと遠慮していたのに、遠慮が無くなって・・・。(笑)
      でも、どこで食べても美味しいとは言わないのです。
      父にとっての美味しい鰻は、自分がさばいて私の祖母が七輪で焼いて、そして母がたれを作って・・・。
      それが父の美味しい鰻だったと思います。
      原点に戻っていくのでしょうか。
      私事をたくさん書いてしまって申し訳ないです。

      Re: なっつばー 様へ * by -
      素敵なお話をありがとうございます。
      とても、あたたかい気持ちになれました。
      お父様の中で、鰻は宝物のような思い出だったのではないでしょうか?
      芯のつよい魅力的なお父様なんですね。

      本当にありがとうございます。

      しまぽよより

      Comment-close▲

      Comment







      管理者にだけ表示を許可

      No Subject

      思い出の味。
      記憶の奥底にある味って、鮮明に残っているのでしょうね。
      父も晩年、鰻が食べたいと言い出しました。
      それまでは高いからと遠慮していたのに、遠慮が無くなって・・・。(笑)
      でも、どこで食べても美味しいとは言わないのです。
      父にとっての美味しい鰻は、自分がさばいて私の祖母が七輪で焼いて、そして母がたれを作って・・・。
      それが父の美味しい鰻だったと思います。
      原点に戻っていくのでしょうか。
      私事をたくさん書いてしまって申し訳ないです。
      2022-03-31-22:36なっつばー [ 返信 * 編集 ]

      しまぽよ Re: なっつばー 様へ

      素敵なお話をありがとうございます。
      とても、あたたかい気持ちになれました。
      お父様の中で、鰻は宝物のような思い出だったのではないでしょうか?
      芯のつよい魅力的なお父様なんですね。

      本当にありがとうございます。

      しまぽよより
      2022-04-01-18:26  [ 返信 * 編集 ]