fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 親子関係 認知症 › 認知症の母と娘、親子の関係は、むずかしい。
    2022-01-06 (Thu) 07:01

    認知症の母と娘、親子の関係は、むずかしい。


      ありがとうがなければ、幸せもない。

      ー 嫁の私 ー

      アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)
      観察中嫁の私です。

      わたしのブログをみつけてくださり
      ありがとうございます。

      親と子って、関係が難しいのかな?
      私もよく実の母とケンカしました。

      「こうなってほしい」という願望を捨てませんか?

      食事会

      身内の家族会で、食事をしました。

      みなさんが、席に着くときです。

      義理の母おかんが、椅子に座らずに、立ち止まっています。

      いつもおかんは、考えるときフリーズするのです。
      (ピタリと動きが止まる)


      いつもの事なので、私はしずかに見守っています。
      すると、娘さんが、よこから声をかけます。


      娘「ここに座って、杖は横に置くとこあるでしょ。」

      おかん「えらそうに💢そんなことわかってるわ💢」

      娘「そうやって、すぐ怒るんだから。話したくないのよ。」


      娘さんは、おかんが、わからないのでは?と、
      気をつかったと思います。



      ですが、おかん側からみると、知っていることを
      いちいち言われるのはしゃくに触ります。

      認知症という病気でも、親ですからプライドがあります。


      親と子だと、近すぎて遠慮なく言っちゃうんです。

      けれど、「ありがとう」や「ごめんなさい」と素直にいえない。

      親子なのに、必要以上に傷つけあいます。
      悲しいでは、ありませんか。


      親を思う心に、まさる親心ということわざがあるのです。

      認知症があろうとなかろうと親が子をおもう気持ちは、
      昔からおなじだとわたしは思います。


      母と娘、女と女、口にだせない思いもあるかもしれませんが。

      娘さんから一歩ひいて寄り添えば、親子の関係も
      うまくいくのではないでしょうか?

      おしまい。

      ここまでお読みいただきありがとうございます。

      ↓押してくださるとうれしいです。

      ありがとう♡

      <おしらせ>
      5日からお正月休みにはいりました。(^∇^)ノ
      休みの間更新は、のんびりいきます。
      どうぞ、よろしくお願いします。
      いつもありがとう。
      (^_^)/せばね~

      ゆずりあいの心🌷
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * 信頼関係 * おかん *  * 親子関係

      最終更新日 : 2022-01-06

      Comment







      管理者にだけ表示を許可