fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 自分のこと › 部屋も心も大掃除。
    2021-12-31 (Fri) 11:45

    部屋も心も大掃除。


      この一年間、ブログを続けることが
      できました。

      あなたが読んでくださるおかげです。

      ありがとうございます。

      ー 嫁の私 ー

      アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)
      観察記録中嫁の私です。

      今日も生きてます。
      ありがとうございます。

      今年も、今日でおしまいですね。
      私は、まだ大掃除が終わってません。

      あなたは、すっきりした気持ちで、
      新しい年を迎えられそうですか?

      掃除

      「部屋も心も大掃除」

      ほこりというもんは、一日掃除しないだけでたまってくる。

      トイレやお風呂、流し台など、汚れが目立つところは
      毎日やるから簡単に汚れはおちる。

      けれど、見てみぬふりをしている場所はどうだろうか。


      電気のかさや、テレビの後ろ側、タンスの裏なんか
      ほこりまみれである。


      積もりつもったほこりは、取り除くのに時間がかかる。
      大掃除が、必要なのだ。


      心も、同じではないだろうか?
      心は外から、みえない。
      自分から心の扉を、あけなければ見向きもしないのだ。


      いつも見ているわけじゃないから、ほこりまみれかもしれない。
      心のそのおく深くを、みつめるのである。

      他人につけられたシミや過去の凝りかたまる
      ほこりを発見するだろう。


      積もりに、つもったほこりやシミは、どろどろと根深く
      ちょっとやそっとじゃ汚れは落ちやしない。


      きれいなタオルで、何度も水をかえ、丁寧にすみずみまで
      拭かなければいけないのだ。

      時には、「忘れる」という洗剤も、ひつようである。


      そうやって繰り返しているうちに、きれいになった
      自分をみつけるだろう。


      掃除は、部屋も心も風をとおし、残された時間を気持ちよく
      過ごすためにかかせないのである。


      遅れながら私は、大掃除をしている真っ最中なのだ。

      どうぞ、よいお年をお迎えくださいますように。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。


      とらお
      <おさめる?>
      29日は、針おさめ。
      縫い物をやめ針をしまいました。
      30日は、今年最後の仕事でした。
      けれど仕事おさめな感じがしない。
      元旦から仕事です。
      亡きおとんの喪に服します。
      新年の挨拶は、ひかえさせていただきます。
      今年もお疲れ様でした。
      (^_^)/せばね~

      自分と向き合う🌷
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * 在宅介護 * 大掃除 * 自分と向き合う * 

      最終更新日 : 2021-12-31

      Comment







      管理者にだけ表示を許可