fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 自分のこと › 自分に嘘をつかない。
    2021-12-16 (Thu) 04:45

    自分に嘘をつかない。


      苦しみは、日常に潜む。

      ー 嫁の私 ー

      アルツハイマー型認知症義理の親(中ボケ期)
      在宅介護中嫁の私です。

      わたしのブログをみつけてくださり
      ありがとうございます。

      義理の父おとんの四十九日も、無事におわりました。

      お坊様が言うには、旅だった日から過去の悔いを
      改めながら歩くそうです。
      そして四十九日め、閻魔さまが天国か地獄か、どちらかに
      お決めになるんだとか。
      正直者のおとんは、きっと天国だろうなぁ~。

      私は大なり小なり嘘をつきます。
      大人だから・・。

      あなたは、自分に嘘をついてませんか?

      おとんコーヒー入れる

      亡きおとんは、じつに素直に生きました。

      お腹が、空いたらご飯をたべる。

      眠くなれば、ごろりと寝る。

      嫌なことは、嫌だとはっきりと言います。

      おとんは、自分に嘘をつかない人です。


      私は自分に嘘を、つかない日はありません。

      群れの臭いが、ぷんぷんする小さな世界に
      身を置くと危険です。

      笑いたくないときでも、笑ったり、

      言いたくもない社交辞令を口にしなければいけない・・大人だから。

      大人だからといっても、傷つきます。

      私はもっと心の中の切なさを、はっきりと口にだす方が
      いいのではないだろうか?

      悲しいときは、おもいっきり涙をながす。

      苦しいときは叫び、暗いものには、蓋をしない。

      怒る時は、いかりの気持ちをあらわに、家族や
      友人にぶちまける。

      そんな在りかたの方が、魅力を感じます。


      自分に嘘をつかない生き方に、本当の喜びが
      訪れるのではないでしょうか?


      それでも、人は嘘をついて生きてゆくのです。
      大人だから。


      微笑むおとんに、手を合わせながら、私はふと考えるのでした。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。



      ぽりぽり大根
      おとんのお供え

      <つぶやき>
      仕事や家庭でも逃げ場がないと
      自分がつぶれます。
      混み合う電車の中だったり、
      掃除をしているときでも
      逃げ出したくなるときがあります。
      心がドボッと落ちる前に逃げ出すのです。
      自分が安心できる逃げ場を
      作っておくことが大切ですね。
      (^_^)/せばね~


      逃げるが勝ち🌷
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * 在宅介護 * 心の痛み *  * 大人 * 正解のない世界

      最終更新日 : 2021-12-26

      Comment







      管理者にだけ表示を許可