fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 かかわり方 › 介護する人の影響力。
    2021-10-16 (Sat) 17:07

    介護する人の影響力。


      「その人を知らざれば、その友をみよ」

      誰が言ったんだっけ?

      ー 嫁の私 ー

      アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)
      在宅介護中嫁の私です。

      わたしのブログをみつけてくださり
      ありがとうございます。

      ご近所さんや、周りに認知症を持つ人が
      増えています。

      関わりで、気がついたことを書きます。

      介護する人が、どう接しているかで、

      認知症の人に影響が大きくでるんだねってお話です。

      あなたは、大切な人とどうかかわってますか?


      チョロばばさん



      介護が始まった頃、私は、何でもおとんのことやっていました。

      私がやった方が早いからです。

      おとんは、みるみるうちに自分でやらなくなります。

      自分で、考えようともしません。

      どんどん私のやることが増えます。

      こんな事では、何もできない人になる。

      自分が、親にあたえた影響のせいだと気がつきました。

      考えてみれば、子供だって、親の影響は大きいですよね。


      ご近所にも、介護する人がいます。

      介護のやり方は、ひとそれぞれだと思います。

      その方は、親をいつも怒鳴って抑えつけています。

      親さんの方は、息子さんの顔色をうかがうようになりました。

      いつも何かに怯え、びくびくしています。

      親さんに「おはようございます」と私はあいさつします。

      ビクッと飛び跳ね「うるさい💢」と怒鳴られました。

      認知症だから、怒りやすくなったとは限らないのです。

      ことわざに「善悪は友による」とありますが

      認知症の人は、身近にいる介護する人の影響力が、大きいのです。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。

      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村
      ↑押してくださる方ありがとうございます。



      美味しいものを食べると幸せになる。
      食べものの、影響力はおおきいぞ。
      カニ食べたいな♡(^_^)/せばね~


      類は友を呼ぶ🌷
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2021-10-16

      Comment







      管理者にだけ表示を許可