fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 暮らしの工夫 › 高齢者の親の転倒を防ごう。
    2021-10-07 (Thu) 04:45

    高齢者の親の転倒を防ごう。


      人生で最高のプレゼントは

      自分の名前です。

      親が時間をかけてかんがえてくれたの。

      ー 嫁の私 ー

      アルツハイマー型認知症義理の父(妖怪後3)
      在宅介護中嫁の私です。

      わたしのブログをみつけてくださり
      ありがとうございます。

      風のように生きる83歳は、転んだことを忘れます。

      そして、転び方も忘れます。

      寝てばかりでは、筋力は低下するばかり。

      転倒から守るために、家でしていることのお話です。

      おとんと散歩
      帽子をかぶって散歩するおとん📷

      体が硬いと、骨折しやすいと言われた。

      果たしておとんが、ストレッチできるのかな?

      肋骨7本と背骨2本、顔面骨折、開放骨折et cetera。

      体じゅうガタガタである。

      命があるだけ奇跡だ。

      おとんも、丈夫に産んでくれた親に感謝しているだろう。

      少しでも、体の丈夫さを維持するために、訪問リハビリを増やした。

      毎日おとんに、わたしと歩いてもらっている。
      けれど、アルツハイマーは、少しずつ体の動かし方を忘れる。

      歩けるうちは、どんどん歩いて欲しい。
      おとんの命を守りたい。


      万が一、また転んだ時がしんぱいだ。

      頭を守る為に、帽子をかぶらせた。

      帽子だって役に立つ。

      私が少し細工したのであーる。↓📷


      帽子工夫



      食器をあらうスポンジを、切ってボンドでくっつけた。

      ぶつけるぐらいなら、頭は切れないと思う。

      おとんが、ヘルメットをかぶってくれるといいのだが・・・ムリムリ。

      高齢者で、認知症の親は、いつ転ぶかわからない。

      少しでもリスクを下げたいのだ。

      いい方法があれば教えていただきたいのである。

      以上

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。

      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村
      ありがとう♡


      <救命講習会>
      介護者も知識が必要です。
      地域の消防署などで、講習会(うちの地域は無料でした)
      をおこなっていますよ。
      命の守り方を、教えてくれます。
      年に1回受けといてもソンはないと思う。
      受けると修了証もらえます。

      救命講習会


      筋肉低下を防ぐ🌷
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * アルツハイマー * 在宅介護 * 転倒 * 予防 * 工夫

      最終更新日 : 2021-10-07

      Comment







      管理者にだけ表示を許可