fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › アルツハイマー能力 › 記憶障害という不自由さ。
    2021-09-17 (Fri) 08:25

    記憶障害という不自由さ。


      おとんの仕事は、さっさと忘れること。

      ー 嫁の私 ー

      在宅介護中嫁の私です。

      わたしのブログをみつけてくださり
      ありがとうございます。

      このブログは、アルツハイマー型認知症に
      ついて書いてます。

      アルツハイマーって、宇宙人じゃないですからね。

      覚えられない、記憶に残せない病気の人です。

      けれど、病気を理解するって難しいのよね。
      私の反省をこめて。



      ひげひげ

      うちの義理の父は、アルツハイマー型認知症です。

      どんな病気かと言えば、おもに記憶障害です。

      新しい出来事は、記憶にとどめることが、ほぼできません。
      頭に残らないと言うことです。


      アルツハイマーは、頭(脳)の病気です。

      パッと見た目では、病人とわかりません。

      「病人とわかってもらえない」「記憶しづらい」
      という障害が、悪循環を生みます。


      例えばです。

      おとんが、お腹をくだしたので、正露丸を飲んでもらいました。

      父「腹が痛い・・。」

      私「大丈夫?今、正露丸飲んだからもう少ししたら治るからね」

      父「嘘や💢、こんなに腹が痛い・・毒やろ💢」

      父「おまえが、毒のませたんや💢」

      私「違いますよ、お腹が治るお薬だよ」

      父「腹が痛い。毒に違いない。わし、殺される」

      私「違うって言ってるでしょ💢」

      おとんは、警察に「嫁に殺される」と電話をかけます。

      警察が家に来た頃には、おとんのお腹が治ってて、
      電話をかけたことも覚えていません。

      警察は、イタズラ電話しないように注意します。

      私は、父の言葉にショックと怒りがわきます。

      私「いい加減にしてよ💢」

      父「なんで、わし怒られるんや💢」


      私は、「忘れてる」と勘違いをします。

      「わざとしているの?」とイライラします。

      おとんは、なぜお腹が痛くなるのかわからず、
      不安で恐かっただけなのに。

      わたしも周りの人も、こういう人がいるって思っていません。

      記憶障害で、ケンカになるのです。


      おとんは、忘れたのではなく、「覚えることができない」のです。

      記憶にないので、思い出すこともできません。

      記憶障害であるおとんの身になると、できないことを
      ただ、怒られているだけです。


      おとんが、3歳児や足が片方なければ、優しく手をさしのべて
      もらえるかもしれません。

      どこに障害があるか、どういう病気なのか、相手がわかっていなければ
      わからず屋で、頭のおかしい人とうけとります。

      障害者で、お年寄りだけど、冷たくされてしまうのです。


      認知症という病気になった義理の父の不自由さです。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。


      いつもありがとう🌷
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村


      だれも悪くないのに、お互いに嫌なきもちにさせる病気。
      世の中の人や介護する私が、病気を理解できると
      もっと暮らしやすいのだけれども。
      (^_^)/せばね~


      思いだせない病🌷
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2021-09-17

      Comment







      管理者にだけ表示を許可