fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › アルツハイマー › 何を言っても通じない義理の父。けれど、やらねばならぬ。
    2021-08-01 (Sun) 10:50

    何を言っても通じない義理の父。けれど、やらねばならぬ。



      私は、めんどくさいことが苦手である。

      今まで、こんなことあまりなかったのに、と愚痴がでる。

      朝から尿もれで、おとんは、全身ずくずくだ。

      防水シーツもカバーも意味がない。

      おとんの足元で、丸まっているのだから。



      先週20日に、2度目の転倒。

      顔面と、ろっ骨骨折である。

      ろっ骨骨折は、咳をしただけで、体に痛みがはしる。

      おとんは、動くことを止めた。

      私も、経験があるから痛みはわかる。

      だからと言って、寝ていては、おとんも布団も綺麗にならないのだ。

      この話は、アルツハイマーのおとんと嫁の私の戦いである。

      ふくちょろ

      「負けるが勝ち」


      私「おとん起きようか?起きて欲しい」


      おとんは、仰向けから壁のある右側をむく。

      父「いたたたた・・痛い、なんでこんなに痛いねん」

      父「痛いから起きられへん」

      私「おとん痛いよね、」
      「けどね、濡れてるから着がえてほしいの」

      父「大丈夫や、そのうち乾く」

      私「おとん、服も布団も洗濯したいの、お願いします」

      おとんは、寝たままズボンに手をかける。

      私「いやいや、待って、起きるの手伝うから、脱ぐの待って」

      私は、おとんを起こそうと肩にふれる。

      おとんは、仰向けに戻り私の顔じっと見る。

      父「いたたた・・あんな、そんなことよりなぁ、たばこをおくれ」

      私「へっ?」

      父「たばこをくれと言うてるんや」

      おとんは、枕もとにあった着がえを床に落とす。

      私「おとん、濡れてるんだよ?先に着がえて」

      父「い~や~だ~。たばこおくれ~た・ば・こ~」

      おとんは、びしょ濡れのまま足をバタバタさせる。

      父「この人でなし~たばこくれ~」

      私は、おとんから視線をはずす。

      大きく息を吐き、

      私「パンツが先だよ、パンツ、パンツーーー」

      父「たばこ~♪たばこ~♪ほれ、た・ば・こ~♪」

      リズムをつけながら歌い出す。

      スイッチ・オンのおとんに、何を言ったって通じない。

      私は、煮えくり返るまえに、おとんから離れる。


      おとんに、常識は通じないし、説明しても理解出来ない。

      私が、心配していること何て、一生伝わらない。

      思いは、すれ違うばかりだ。

      けれど、やらなければいけないときがある。


      私は、強行手段にでる。

      再び、おとんの所へ戻った。

      私「おとん、起こします」

      父「えっ?」

      私は、おとんの右肩、それと左膝に手をかける。
      (折れてる右ろっ骨に圧をかけないように)

      テコの原理で、おとんの体を、そろりと起こした。

      父「いでーーーーくっ、クソおんな、ころされる~」
      父「どっかいけ~、いで~クソおんな」

      私「おとん、ごめんなさい、痛かったよね、悪い女です」

      おとんは、浅い呼吸をくり返しながら「いで~いで~(痛い)
      クソおんな」を連呼する。


      私「ごめんなさい。痛いよね。がんばってくれてありがとう」

      父「いいよ、いいよ。ありがとう」


      この後、なにごともなかったように、おとんは穏やかだ。

      私が、強行手段をとっても、最後はかならず「いいよ、いいよ」と許してくれる。


      必ずどうしても、やらなければいけないときがある。

      やった後、共感とひたすら謝ることで怒りはおさまるのだ。

      アルツハイマーのいいところである。

      おしまい。

      ここまで、読んでいただきありがとうございます。

      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      いつもありがとう🌷






      <つぶやき>
      北海道で、手負いのクマには近づくな、と言われてる。
      病気やケガしてると、動物も人間も機嫌が悪くなるよね。
      相手に、手当てしていることが伝わらないから
      介助する人も辛くなる。
      ヘタレな私は、父との戦い10日間で、
      体重が5キロ減りました。
      早く治らないかな?
      (^_^)/せばね~


      いつか、ではなく今報われたい🌷
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2021-08-01

      Comment







      管理者にだけ表示を許可