FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 病気のこと › 認知症の親は、よく転び、よく骨折する。(緊急受診、病院へいく準備は?)
    2021-07-25 (Sun) 17:16

    認知症の親は、よく転び、よく骨折する。(緊急受診、病院へいく準備は?)


      梅雨が上がっても、心は晴れない

      ー 嫁の私 ー

      アルツハイマー型認知症義理の親(妖怪後3)在宅介護中です。

      わたしのブログをみつけてくださり
      ありがとうございます。

      親の緊急受診で、困ったことありませんか?
      私は、あります。



      義理の父おとんは、何かしら信念があるらしい。
      絶対に、「痛い」と言わない。
      7月20日21:40
      20日の晩、おとんは顔面ダイブ。

      またもや、関西医科大学付属病院へ緊急受診。

      救急科で診察。

      先生「一番痛いところは、どこですか?」

      おとん「ないよ」

      先生「顔は痛くないですか?」

      おとん「どこも、痛くないです」

      横についてた私は、おとんのわき腹と顔をこづく。

      おとん「何をすんねんなーーー💢」

      すぐに、レントゲン、CTなど撮影。

      ろっ骨骨折は、前回と同じく自然治癒。

      顔は、形成外科で、顔面骨折と診断される。

      口が開くので、手術はなし。


      (。>ω<。)ノホッ


      治癒中おとん
      ↑現在のおとん。転倒から5日目。

      今回のおとんのケガで、よーくわかった。

      アルツハイマーは、「痛い」と言えない。

      進行と共に、くりかえし転びケガをする。

      これから、度々では困る。

      が。

      ふだんから、病院へ行く準備は必要だ。


      前回緊急受診おとん開放骨折の失敗を、ふまえ準備する。

      <緊急時、病院へ行く前に準備すること>

      持ち物
      ・保険証

      ・かかりつけの病院診察券(病院名、デイサービスなど聞かれた)

      ・お薬手帳もしくは、飲んでる薬すべて持参。(おとんは、降圧剤のみ)

      ・お金、スマホ。

      ・紙パンツ(替えのオムツなど。)

      ・これまで、かかった病気の記録手帳。(入院になる場合)

      ・できれば過去の検査結果データー。(入院になる場合)


      受診するおとんの服装
      ・診察しやすい上下分かれている服。
      ※レントゲン撮影のため、ファスナーやボタンが付いていない服にすること。


      その他注意、緊急時で聞かれること
      ・おこなった応急手当の内容。
      (例えば、腫れた患部を冷やす。すり傷は、流水で汚れを落とした。など)

      ・病院へ到着するまで様子の変化。
      (例えば、顔色が変わった、普段とかわらない呼吸か?普通に話せるか?など)

      ・痛みのある箇所。

      ・救急車の時、ストレッチャーで運ばれたとき、
      靴を持っていくのをお忘れなく。←これ重要。

      ・命に危険がないときは、自家用車で行く。
      (移動や帰宅するとき困る。)

      開放骨折の時、救急科に嫁の私は、7時間つきそいになった。
      (夜どうし病院)
      付きそう人も、準備が必要だよ。
      以上、受診用かばん必須です。

      ふつうの通院とは違い、緊急時は、付き添いの人も不安である。

      心に余裕が欲しい。

      病院へ行く準備は、いざって時にスムーズに事が運ぶ。

      備えあれば憂いなし。

      あなたは、緊急時あせらず準備できますか?

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。

      いつもありがとう
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村



      心の準備も🌷
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2021-07-25

      Comment







      管理者にだけ表示を許可