FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 生きる工夫 › 寝てばかりいる義理の父のプライド。
    2021-06-21 (Mon) 04:40

    寝てばかりいる義理の父のプライド。


      人生に、練習はない。

      ー 嫁の私 ー

      アルツハイマー型認知症義理の父(中ボケ期)
      在宅介護中嫁の私です。

      私のブログを、みつけてくださり
      ありがとうございます。

      入院たった5日間で、人間は弱ってしまう。

      退院後、寝てばかりいるおとんがやる気をだした話です。


      「プライド」


      人間の身体は、90歳からでも筋肉はつく。

      認知症のおとんは、5日間で筋肉をおとす。

      もうーーーヽ(`ω´*)ノ今までの努力が水の泡。

      アルツハイマーは、すぐナマケモノになる。

      高齢者は、太陽にあたらないと骨がよわくなる。

      下の写真は、片手で、上げられなくなった右手。
      筋力低下中だ。

      筋力トレーニング中

      寝ているだけで、こんなにも筋肉はおちるのだ。

      これ以上、筋肉がおちると、箸がもてない。

      心臓の動きも弱くなる。

      血流が悪くなり、起き上がるとき、めまいを起こすぞ。
      (起立性低血圧と医者は言う)

      こんなこと言っても、おとんはビクともしない。

      病院で、おぼえたナマケモノを発揮する。

      朝からごろごろ。

      とにかく、体を起こすことから、始めよう。


      私「おとん、起きて欲しいな♡」
      おとん「やることないから、寝てるんや」

      私「じゃあ、一緒に掃除しよう。働いてください」
      おとん「手が痛いから、できひん」

      私「入院代返して」(脅してみた)
      おとん「ない袖は振れん」

      アルツハイマー能力、あー言えばこー言うは健在である。

      口ばかり達者なおとんは、動こうとしない。

      寝たきりに、なったらどうしよう。

      困っていたら、おとんは、みずから動くようになった。



      おとついのことだ。

      片手で、お風呂に入ったおとんは、湯船からでられない。

      ひとりで出られると言ったが、左手も、足にも力が入らずジタバタする。

      けっきょく、主人と私でお風呂から救出。


      ひどく落ち込んだのか、ポジティブなのか

      わかんないけど、おとんはやる気になった。

      おとん「わしは、今日から働くぞ、おまえ(主人=息子)には、負けん」


      お陰で、今日も歩いている。
      歩く練習

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。

      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村


      いつもありがとうございます(^_^)/せばね~



      プライドで生きる男🌷
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2021-06-21

      Comment







      管理者にだけ表示を許可