fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page ›  介護 福祉 医療 › 捨てる神あれば、拾う神あり
    2019-11-27 (Wed) 00:00

    捨てる神あれば、拾う神あり

    人生の目的は、悟ることではありません。

    生きるんです。

    人間は、動物ですから。

    ー岡本太郎ー


    認知症夫婦のある日の出来事。
    嫁の私観察記録「ごみを集めるお話」


    テレビで、報道されるゴミ屋敷。
    住んでる人は、ただの老人。
    「近所めいわくだ」と住民が、怒りをぶつける。


    もし、この老人が、あなたの親ならどうしますか?


    早朝4時、猫も寝ている時間。
    1本の電話で、目覚める嫁の私。

    「警察ですが、お宅のお父様を保護しています。」

    「父が、ですか?」
    「駅前で、通報がありまして・・」
    「えっ?エエエエエエっ!」
    すっかり目が、覚める嫁の私。

    警察の話によると
    「駅前の喫煙所で、タバコを拾われていたそうです。
    他の方が注意され、お父様が大声を出されたと通報がありました」

    というわけなのですが・・警察に捕まったってこと?。
    どうしたらいいのか、わからないまま警察に向かう嫁の私。

    警察と言うだけで、オタオタしてしまう。
    おとんを引き取るため、いろいろ書かせられる嫁の私。

    チラッと見ると、寝ているおとん。
    少しイラッとしたが、ここはがまん。

    一通りおわり、帰宅する。
    話を、聞いてもなにも覚えていないおとん。

    警察に、お世話になるのは勘弁してほしい。
    タバコを買い、おとんに渡す嫁の私。
    タバコは、拾ってこない。

    こんどは、他のゴミを拾ってくるおとん。
    捨てる嫁の私。
    「もったいない」と怒るおとん。

    さらに、ゴミを拾ってくる。
    イタチごっこなのだ。

    認知症で中核症状(判断力低下など)周辺症状などがでてくる。
    収集もそのひとつだ。

    何かいい方法がないだろうか?・・・そうだ!

    拾い集めた物を部屋にかざってみよう。
    おとんが見て、拾わなくても物があるとわかる(^0^)お・た・め・し。
    おとんごみコレクション
    ・・が、おとんは拾ってくる。
    増え続けるゴミ。
    このままでは、ゴミ屋敷だ。

    考えた結果、
    おとんと一緒にゴミ拾いをはじめる嫁の私。

    ゴミを、拾うおとん。
    そのゴミを、袋に入れる嫁の私。
    親子二人三脚。

    一緒にいると、喜ぶおとん。
    もしかして、さびしかったの?
    時間のあるときは、おとんのそばにいてあげよう。

    行動を、止めるのではなく、なぜ?その行動をするのか考えて、
    原因をとりのぞけばゴミ屋敷にはならないのだ。

    それからも、ときどきゴミを拾い集めるおとん。
    けれど、拾ったことを忘れている。
    捨てても、おこらないおとん。

    少しくらいのゴミなら「まっいいか」と思う嫁の私でした。

    おしまい。

    最後まで、お読みいただきありがとうございました。
    今日も楽しくハッピーに(^_^)チャオ♡
    スポンサーサイト



    最終更新日 : 2019-11-27

    Comment







    管理者にだけ表示を許可