FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 かかわり方 › 親切に怒る。
    2021-05-11 (Tue) 18:40

    親切に怒る。


      幸せがなければ、

      幸せを作ればいい

      ー 嫁の私 ー

      私のブログをみつけてくださり
      ありがとうございます。

      アルツハイマー型認知症義理の親(中ボケ期)
      在宅介護中嫁の私です。

      怒りたいときは、怒っていいのです。

      私は、ルールを決めて怒ります。

      下品な表現がでてきます。
      苦手な方は、ここでおやめくださいませ。

      ごちゃごちゃ

      私だって怒ります。

      「わしのは、〇〇〇は大きいぞ。」

      「おまえの〇〇〇を舐めたい」


      女性の気持ちを考えない。
      卑猥なことばを浴びせられるからです。

      しつこいし、聞いてて気持ちがわるいです。
      はじめて言われたとき、恐くて逃げ出しました。

      いくら認知症の症状でも、がまんできません。


      私は、怒りまかせにぶちキレちゃった。
      認知症のおとんも爆発です。

      これでは、悪循環になるだけと気がつきました。

      怒るとき、キレては
      、いけないと言うことです。


      自分が、冷静でいられないときは、その場を離れます。
      冷静になるのは難しいですが、必ず離れることです。

      落ち着いてから、自分の気持ちをつたえます。


      自分が嫌だと感じることを、伝えるのです。
      例えば、私は、こう言います。

      「おとん、いつも頑張ってくれてありがとう。
      ひとつお願いがあります。いいですか?」

      話を聴いてもらうために、感謝の言葉からいいます。

      「〇〇と言われるのは、わたしは嫌です。やめてほしいです。」
      一つだけの内容にしぼって、具体的に伝えます 。

      伝えたからといってすぐに、おとんは、やめてくれません。
      認知症なので、ピンとこないのです。

      また、次の日も冷静に伝えます。

      そのくり返しで、やめてくれます。
      今では、すっかり言いません。


      認知症の介護は、感情的になりやすい。

      介護を続けるには、てきどな距離感と心の余裕が大事です。

      だから、がまんしないで怒ってもいいのです。


      ただし、怒りまかせで後悔するのは、自分だと肝にめいじる。
      いくら腹が立っても、あと味の悪いケンカをしないということです。

      おしまい。

      今日もお読みいただきありがとうございます。

      あなたがいつも幸せでありますように🌷
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村




      <冷静になるのが難しいのよ>
      とにかく自分が、イラっとしたら離れます。

      嫌なことはきちんと伝える。
      ストレスにならずにすみます。
      (^_^)/せばね~


      幸せはつくるもの🌷
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2021-05-13

      Comment







      管理者にだけ表示を許可