FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 人間の尊厳 › トイレと親の尊厳。
    2021-05-05 (Wed) 15:10

    トイレと親の尊厳。


      猫がお互いを

      猫として尊重してる?

      ー 嫁の私 ー

      私のブログをみつけてくださり
      ありがとうございます。

      アルツハイマー型認知症義理の親(中ボケ期)
      在宅介護中嫁の私です。
      気がついたことを書いています。


      女性トイレ

      「トイレと親の尊厳」


      「うん〇さん出そう?」

      お腹のマッサージをしながら、おかんに聞いた。

      おかん「わからん・・・しくしくするんや」


      只今おかんが、トイレで糞闘中。

      親の介護に、しもの世話はつきものだ。

      できれば、やりたくない。
      苦手なことは、さっさと終わらせよう。


      私「お腹押そうか?」

      おかん「痛くないやろか?」

      私「大丈夫すぐ終わるから」

      そう言って左下のお腹を手のひらで押した。

      「痛い痛い止めてーー殺されるーー誰かぁぁ」

      おかんは、叫びながらバシバシ私をたたく。

      するとどうだ。
      ぷ~んと香ばしい臭い。

      おかん「出たわ、出た」

      私「良かったぁ。がんばったね、ありがとう」


      ウオシュレットで洗浄し、おかんのズボンをあげ
      二人でトイレから出る。


      目の前には、人が並んでいた。
      忘れていたが、ここは家ではない。

      京阪モールのトイレだ。

      トイレから現れたのは、微笑ましいママと子供ではない。

      白髪交じりの嫁と、白髪だらけのばーさまだ。

      トイレの会話も、まる聞こえ。

      (/∀\*)ハズカシイ

      私は、肝心なことを忘れる。

      介助していると、あたり前の意識がかけてしまうのだ。
      失敗しないようにすることも大事だと思う。


      しかし、一番考えなければいけないのは、おかんへの心配りだ。

      親に、みじめな思いをさせないと言うことを
      忘れないようにしたい。

      おしまい。

      今日もお読みいただきありがとうございます。

      あなたにとって良き日でありますように(^_^人)
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村


      <つぶやき>
      慣れると気がつけないのよね。
      それが、介護生活の恐いところ。
      気づかい忘れずに(^_^)/せばね~


      いくつになっても、女は女の子🌷
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2021-05-05

      Comment







      管理者にだけ表示を許可