fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 かかわり方 › 義理の父は、マイペース。
    2021-04-19 (Mon) 18:16

    義理の父は、マイペース。


      人生とは、

      かっぱえびせんみたいなもの

      甘くはないけど、

      やめられない。

      ー 嫁の私 ー

      私のブログにお運びくださり
      ありがとうございます。

      アルツハイマー型認知症義理の父(おとん要介護3)
      在宅介護中嫁の私です。

      この記事は、
      マイペースなおとんに、つき合う私の
      かかわり方です。


      「義理の父は、マイペースです」


      マイペースとは?
      自分に合った方法や速度で物事をすすめること。
      自己中心的も、ふくまれる。


      おとんは、食べた物を少しずつ残します。
      後から、食べることはありません。
      猫のように、好きな物から食べます。


      私が帰宅する頃には、テーブルの上に、
      ひと口ずつ残ってます。

      マイペース

      私「おとん、このパン食べないの?」

      おとん「あとで食べるよ」

      私「あと、ひと口だよ。いま食べちゃたら?」

      おとん「コーヒー上手いな、おまえは一日に何杯飲むんや?」

      私「2杯くらいかな?パン食べないの?」

      おとん「この時間に、飲むコーヒーが一番うまいんやで。」


      おとんは、マイペース。
      自分が、思いついたことを、その瞬間話すので、
      私の毒気も、ぬかれます。


      おとんが、気をつかえるならありがたいのですが、
      高齢者で、アルツハイマーです。
      そうは、問屋がおろしません。


      私が、おとんのペースに合わせます。
      そのほうが、むだな争いがないのです。

      平穏ぶじな日々を、過ごすための私のかかわり方でした。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。

      いつもありがとう🌷
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村


      良き一日になりますように🌷
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2021-04-19

      Comment







      管理者にだけ表示を許可