FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 在宅介護 一人反省会 › 大丈夫という気持ちがほしい。
    2021-03-27 (Sat) 04:30

    大丈夫という気持ちがほしい。



      ア・ブラ・カタブラ

      心よ虹色に変われ

      ー 嫁の私 ー

      私のブログにお運びくださり
      ありがとうございます。

      アルツハイマー型認知症義理の親(中ボケ期)
      在宅介護中嫁の私です。

      コメントいただけるって、うれしいですね。
      ありがとうございます。

      今日の記事は、自分のだめな部分の反省です。
      自分を疑うことも必要なの。

      そんなお話です。

      あなたは、大丈夫を持っていますか?

      袋のねこ
      <私は臆病者📷>

      義理の親が、認知症と診断され、なんやかんやと生活を共にしている。
      えっと、9年目になるかな?もっとかも?

      お陰様で、記憶が抜け落ちた日常に、私も親も慣れてきているのだ。

      アルツハイマー能力はすごい。

      自分が楽しければ、笑うし、どこでも歌いだす。

      周りの空気など気にせず、自分が思ったことを口にする。

      自分の「想い」をごまかしたりしない。

      素直でしょ。うちのおとん。

      満面に笑み

      自分に、正直に生きられるって、いいことだ。

      いいことだと思うが、私には少々しょっぱいのだ。


      例えば、
      喫茶店に行った時だ。

      おとんは、今その瞬間、頭に浮いた「想い」を言葉にする。


      父「見てみ、嫁の私。あんなに太った体でな
      こ~んな高さがある靴を履いてるんや?
      靴こわれるやろ。」
      わたし、穴があったら入りたいΣ(´Д`lll)

      すでに、その女性は、こちらをガンみしている。

      おとんの話を、すり替えようと私は必死だ。

      私「おとん、コーヒー美味しいね」

      父「なあ、でぶでぶやで、靴がかわいそうや」

      認知症というやつは、こだわると、話が止まらない。

      私は、必死に人差し指を口にあて「しーーーーい」とポーズをとる。
      子供をあやすように、静かに口を閉じてほしいと願う。

      こういう時、私は自分が嫌な人間だとわかる。

      他人が、どんな目でみているかと気にする。

      おとんの言動で、人に迷惑がかかる。

      おとんの言葉にふりまわされてしまうのだ。

      自分にがっかりする。

      私は、臆病で腹が黒いの。

      おとんが何をしようと、大丈夫とドンと構えていられたら、

      もう少しいい大人になれたのかもしれない。
      もっと強くなりたい。

      おしまい。

      今日もお読みいただきありがとうございます。

      いつもありがとう🌷
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村



      ブルドーザーなみの心が欲しい🌷
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * 在宅介護 * 心の痛み

      最終更新日 : 2021-03-27

      Comment







      管理者にだけ表示を許可