FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 高齢者 認知症 › お年寄りの話を聴く心構え
    2021-03-16 (Tue) 04:45

    お年寄りの話を聴く心構え


      話上手より聞き上手

      ー 嫁の私 ー

      私のブログにお運びくださり
      ありがとうございます。

      アルツハイマー型認知症義理の親(要介護3中ボケ期)
      在宅介護中嫁の私です。

      皆様に助けてもらいながら、仕事と介護を
      続けさせていただいております。

      お年寄りの話を気長に聴くことが
      なかなか難しい私です。
      自分の反省をこめて書いています。

      「お年寄りの話を聴く心構え」

      よろしければお付き合い願います。


      ポットねこ

      人には、それぞれ話のリズムがあります。

      若い方なら、早口でポンポンとジョーク混じりに
      話の展開がはやいです。
      流行の短縮言葉で、話されるので私も聴き取るのが苦手です。
      (お若い方ごめんさい)


      高齢者のおとんは、ゆっくりゆっくり思い出しながら
      話し出します。
      ブルースを聴いているような・・・そんな感じになります。


      時には、レコードの針が、飛んで同じところを
      何度も何度もくりかえします。
      (認知症がない高齢者の方でも2~3回繰り返します)


      同じ話を、5回も聴けば、私もやれやれとため息がでます。

      イライラする前に、かるく否定をいれる。
      (介護の教科書には、否定はいけないと書かれています。)


      私「おとん、その話、さっきも言わなかったかな?」

      父「言ってへんわ💢」

      おとんの返事が、怒っているときは、笑いにかえます。

      私「ごめんなさい。聞き間違えたね。私ボケたかな?」

      父「あははは(笑)おまえボケたな」

      おとんは、笑って怒ってたことを忘れてくれます。

      私も吐き出すことで、イライラが解消されます。


      高齢者の話を聴くときは、話が長くなる。
      何度も同じ話をする。

      話を聴くと言うことは、ある意味相手との根比べです
      心に、余裕をもって傾聴するといいです。なかなか難しいですけどね。


      そして、高齢者のおとんが、何度も同じ話をするのは、
      その話が重要なのかもしれません。

      根本的な理由を探って、話を聴くことも大事かなと思います。


      歳を重ね仕事を退職し社会との関わりが少なくなります。
      人と話す機会が少ないと寂しいものです。

      できる限り親の話くらいゆっくり聴いてあげたいです。

      私の高齢者の親の話を聴く心構えでした。

      おしまい

      お読みいただきありがとうございます。

      いつもありがとうございます
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村



      傾聴は身近な人を幸せにする🌷
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2021-03-16

      Comment







      管理者にだけ表示を許可