FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 かかわり方 › また、ゴミ拾いを始めてくれてありがとう。
    2021-03-02 (Tue) 04:30

    また、ゴミ拾いを始めてくれてありがとう。


      お腹が、重機みたいだね

         と

      言われた記念日

      ー 嫁の私 ー

      私のブログにお運びくださり
      ありがとうございます。

      アルツハイマー型認知症義理の父要介護3
      (おとん)在宅介護中嫁の私です。

      この記事は
      「おとんがゴミ収集を始めて良かった。」

      そんな気持ちのお話です。

      「春の目覚め」

      冬眠中だったおとんが、再びゴミを拾いを始めた。


      私は、おとんがゴミを、拾ってくることに腹が立ってた。
      人に、注意されるおとんの姿は見たくもない。


      ごみ収集で、おとんと私は何度も言い争いになった。
      おとんは、ゴミに執着していたのだ。


      それなのに、ぴたりとゴミを拾わなくなった。

      布団から、出るようすもない。

      声をかけても、うすら返事でやる気がみられない。
      自分から、なにかしようとしない。

      私が起こさなければ起きないのだ。

      寝てばかりいるおとんがただ、ただ恐かった。


      けれど昨日は、光がみえた。
      春のお陰かもしれない。

      私が仕事から帰ると、テーブルにあったんだ。

      おとんの宝

      おとんの戦利品。

      自ら歩いた証だ。


      私は、すぐに伝えたかった。

      「おとん拾ってきてくれて、ありがとう」

      おとんは、えっ?て顔をして。

      それから、変なキノコを食べたみたいに、ずっと笑ってた。


      人間っておかしなもんだ。

      けんかするほど、ごみが嫌だった。

      そのごみを見て、私の心が万歳しているのだ。

      わたしは、アホかもしれない。


      ごみを拾ってこようが、

      トイレが、汚れたってかまわない。

      動けるうちが華だと思う。

      どうか、自分の意思で歩いてもらいたい。

      願わくば、元気で鼻ぱっしの強いおとんで
      いてほしいのだ。

      おしまい。

      今日もお読みいただきありがとうございます。


      いつもありがとう🌷
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村




      当たり前が
      当たり前ではないことを
      忘れずに歩いてゆけたらいいな
      (^_^)ノせばね~


      笑えば心は元気になる🌷
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * 在宅介護 * ゴミ収集 * 寝てばかり

      最終更新日 : 2021-03-02

      Comment







      管理者にだけ表示を許可