FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page ›  介護 福祉 医療 › 認知症 › 対応に悩んだら、病気を知ることです。
    2021-02-27 (Sat) 04:30

    対応に悩んだら、病気を知ることです。


      三平汁は、美味しいと

      知っているから食べられる。

      ー 嫁の私 ー

      私のブログに、お運びくださり
      ありがとうございます。

      アルツハイマー型認知症義理の父要介護3
      (おとん)在宅介護中嫁の私です。

      散歩をしていると、ちらほら春を感じます。

      私たちは、冬から春になることを知っています。

      知っていることで、そろそろ衣替えかしら?
      と行動に移せます。

      当たり前のようですが、知るって大事なことだと思います。

      今日の記事は、
      「その人の病気を知ることが大切です。」
      そんなお話です。

      病気をしること
      (↑おとん公園で一休み)

      「知ると知らないでは大違い」

      介護って「わからない」からはじまると思います。

      おとんが、認知症になって急に怒り出す
      ようになりました。


      なぜ、今怒っているのか?
      私は、見当もつきませんでした。

      おとんの顔を見るたび憂鬱です。

      どのように、接していいかわからないのです。

      私は、認知症の経験がないから、わからなかった。

      わからないときは、詳しく知ることなんです。


      例えば、

      歯が痛い人に、チョコレートを食べなさいと進めますか?

      風邪をひいている人に、プールは誘いませんよね。


      それは、相手の病気が、わかるからです。

      歯が、痛ければ鎮痛剤をあげます。

      風邪なら、静養してもらいます。

      その病気の経験があるから、どうやって対応するかが
      わかるんです。


      わかっているから、安心して関わることができるんです。

      知っているから、行動にうつせるということです。


      病気を、知ることで解決できる悩みはたくさんあります。


      今より状況は、はるかに良くなることを確信します。

      わからないまま、続けていてもよい結果はでません。

      まずは、その人の病気を、詳しく知ることが
      大切だと思います。


      おしまい。

      今日もお読みいただき
      ありがとうございます。

      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村




      足りない知識に気づくことが大切ですね。
      (^_^)ノせばね~


      知覚動考🌷
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * 在宅介護 * 病気を学ぶ * 知覚動考

      最終更新日 : 2021-02-27

      Comment







      管理者にだけ表示を許可