FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 在宅介護 › そら豆と缶コーヒーと私
    2021-02-22 (Mon) 04:30

    そら豆と缶コーヒーと私


      老いた雰囲気が、

      安心感をくれる83歳。

      ー 嫁の私 ー

      私のブログにお運びくださり
      ありがとうございます。

      アルツハイマー型認知症要介護3義理の父
      (おとん)在宅介護中嫁の私です。

      寝てばかりいるおとんには、買い物が
      いいリハビリになります。

      おとんの買い物の様子のお話です。

      最近は、スーパーにも認知症のお客様が
      増えてきましたね。

      認知症サポーターさんもいるお店も
      あるので安心です。(イオンなど)

      豆とコーヒー


      「買い物は、良いリハビリです」

      週に2~3回私は、おとんと一緒に買い物へ行きます。

      以前は、おとん一人で、買い物をしていました。
      お店で、問題を起こしたことはありません。

      お店の人や近所の皆さんが、おとんをよく知っていて
      接してくれます。
      ありがとうございます。

      今は、金銭管理ができなくなり(おつりをなくす)
      私が、お供させてもらってます。


      スーパーまで、20分ほど歩きます。

      体が温まり、買い物で頭を使うから
      いいリハビリになる。

      おとんの武勇伝を、3回ほど聞くとスーパーへ到着です。

      店内に入るとおとんは、ポケットから千円を出す。
      右手にお札を握りしめ、レジカゴを持つ。

      そして一人で、先にすたすた歩いて行っちゃいます。

      私は、置いてきぼりです。
      ここまで来ると、私は用済みらしい・・。(笑)

      おとんは、野菜、魚コーナーはスルーです。
      店内ぐるりひと回りする。


      それから、飲料水のコーナーで必ず立ち止まる。

      棚をじっと見つめて、見つめて、ブラックの缶コーヒーを
      カゴに入れる。

      また、歩き出し振り出しにもどる。

      ぐるりと一回りし、お菓子コーナーで立ち止まる。
      フライビンズ(そら豆の炒ったやつ)をカゴに入る。

      かならず、このふたつを買います。
      (2品で30分かかりますが、おとんは、一人でできます。)


      それから、レジへ向かいます。
      おとんは、ここが難関です。

      父「おい嫁の私、ちょっと来てくれ」
      嫁「は~い」
      ここで私の出番です。

      スーパーのレジは、自動支払機です。
      ひと昔は、お金を手渡すだけだった。

      最近の支払機の記憶がありません。
      残念ながら、お札の入れ方がわからないのです。


      無事に、買い物を済ませます。
      おとんは、達成感があるようでご満悦です。

      ご満悦

      この笑顔みると、「ああ~良かった」とホッとします。
      おとんの原動力は、そら豆と缶コーヒーと私。

      私は、いつもおとんが、どんなことで心が動くのかを探しています。

      進行はしていますが、自分の好きなものを
      選べる力があります。

      生活の力を、落とさず頑張ってくれるおとんに
      感謝します。

      おしまい。

      今日もありがとう。
      いつもありがとうございます。
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村




      白か黒で、決めつけるからしんどい。
      グレーでいいんでないかい?
      (^_^)ノせばね~


      春がはじまる🌷
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2021-02-22

      Comment







      管理者にだけ表示を許可