FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 病気のこと › 50歳を過ぎたら骨密度をあげよう。(骨粗鬆症予防)
    2021-02-18 (Thu) 15:15

    50歳を過ぎたら骨密度をあげよう。(骨粗鬆症予防)


      私のブログにお運びくださり
      ありがとうございます。

      アルツハイマー型認知症の親要介護3
      在宅介護中嫁の私です。


      骨密度より、シワやしみのほうが気になるかもしれません。

      しかーし、いくら肌がきれいでも腰が曲がっていては
      若々しいとは言えません。

      骨が、弱くなると骨折しやすくなります。


      義理の母は60代で、つまずいて手をついただけで骨折しました。
      骨粗しょう症でした。

      女性は、閉経後なにもしなければ骨粗しょう症になりやすいです。

      骨粗しょう症予防を書いています。

      あなたの骨密度何%ですか?


      骨粗鬆症とは?(こつそしょう症)

      骨の量が減って骨が弱くなり骨折しやすくなる病気です。
      骨の中が、スカスカで軽石状態。
      かかっていても痛みがないのが普通です。
      しかし、転ぶ、くしゃみなどちょっとしたはずみで骨折しやすいのが特徴です。

      折れやすい部位:せぼね(脊髄の圧迫骨折)手首(コレス骨折)
      太もも付け根(大腿骨)など。

      骨折をともなう骨粗鬆症は、介護保険法「特定疾病」に指定されている。


      国内患者数 女性980万人  男性300万人

      参考資料:日本整形外科学会、日本生活習慣病予防協会。



      骨粗鬆症

      <骨粗しょう症予防>

      骨は、たとえ95歳からでも丈夫に維持できます。
      (筋肉も同じです。)

      骨が弱ければ筋肉も弱くなります。

      歳をとっても、自分の足で歩くために骨密度をあげましょう。

      骨粗しょう症に、ならないためにすることは次の3つです。

      ひとつは、「太陽の光にあたる」

      骨を丈夫にするためには、カルシウムの吸収を助ける
      ビタミンDが必要です。

      日光浴で、ビタミンDが作られます。(15~30分あたる)

      シミ予防で、太陽にあたらないとビタミンDが
      不足のまま歳をとることになります。


      ふたつめは「骨は刺激で強くなる」

      私は、ウオーキングをしています。

      太陽を浴び、骨にも刺激を与えられる。

      ロコモティブシンドローム(運動器症候群)も防げます。
      ウオーキングは、一石二鳥です。

      毎日足や体を、たたくだけでも骨に効果があると
      本に書いてあります。


      最後のみっつめは、「骨の形成に役立つ栄養素をとる」

      カルシウム(牛乳、いわし、小松菜など)

      ビタミンD(サケ、しいたけ、卵など)

      ビタミンk(納豆、ほうれん草、ブロッコリー)などです。

      栄養は腸から吸収されます。腸をきれいにしましょう。


      ダイエットをすると、骨から不足分の
      カルシウムがとられます。

      サプリでは、ほとんど増えません。

      全身の骨は、5年サイクルで替わります。

      今からコツコツと骨密度を上げることで
      100歳でも自分の足で歩けるのも
      夢ではないということです。

      おしまい。

      今日もありがとうございます。
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村



      骨密度検査はお近くの保健センターに
      お問い合わせくださいね。
      (^_^)ノせばね~
      いつもありがとうございます。


      健康は毎日コツコツと🌷
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * 在宅介護 * 骨粗鬆症 * 骨密度

      最終更新日 : 2021-02-19

      Comment







      管理者にだけ表示を許可