FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 コミュニケーション › 耳が、遠くなった親との会話のコツ。
    2021-02-13 (Sat) 00:00

    耳が、遠くなった親との会話のコツ。


      私のブログに、お運びくださり
      ありがとうございます。

      アルツハイマー型認知症おとん83歳
      (要介護3)在宅介護中嫁の私です。


      歳をとると「聞こえる力」が衰えてゆきます。

      「親の老い」というのは、本人もそうですが、身近な家族も
      受け入れにくいかもしれません。

      耳が、遠くなると話がかみ合わなくなります。

      かみ合わない会話は、お互いに楽しくありません。

      スムーズに、会話するためのコツを伝えたいと思います。

      あなたは、最近・・親と話をしましたか?
      (30秒で読めます)
      聞こえる力
      「耳の近くではなく、少し距離をとる」

      相手の耳に、口を近づけすぎないと言うことです。

      私が幼い頃、祖母がいつも言ってました。

      「耳のそばで話されると、わんわん響いて
      何を言っているのかわからないよ」

      私は、お年寄りは耳が遠いので近くで話さなければ、
      いけないと思い込んでました。(/∀\*)オハズカシイ


      耳もとで話すと、反響して言葉がひろえないそうです。
      スピーカーに、耳を押しつけているのと同じ状態です。


      「えっ?えっ?」と何度も聞きなおしてくるときは、
      少し距離をとります。(1m位)

      いつもより、大きめで低めの声、ゆっくり
      はっきり話すといいです。

      話はかわりますが、言葉がない会話もあります。

      おとんがひとりで、テレビを見る後ろ姿は、切ないです。

      私が、隣に座ってニッコリ笑うと
      おとんもニッコリ笑ってくれます。

      言葉がなくても、微笑むだけで会話になると思います。


      老いてゆくと、できないことが増えます。

      言葉の意味を理解するのも
      時間がかかります。

      老いた親にあわせること、かかわることで親子の会話は、
      もっと楽しいものになると思います。

      おしまい。

      補足
      <耳が遠い親との会話のコツ>

      ・ゆっくり、ゆっくり、相手の心に届くまでゆっくり話すのが基本。
      ・か行、さ行、た行、パ行、が聞き取りにくい。
      ・早口は、聞き取れない。話すスピードを意識する。
      ・高い音の声は聞き取りづらい。

      参考資料:日本耳鼻咽科学会、かかりつけの医者。


      今日もありがとうございます。
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村

      あなたの応援がうれしいです。
      ありがとうさま♡(^_^)ノせばね~


      話はゆっくりゆっくり聴く🌷
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * 在宅介護 * 会話 * 関わり方

      最終更新日 : 2021-02-13

      Comment







      管理者にだけ表示を許可