FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 コミュニケーション › 言葉のかけ方次第で、天国にも地獄にもなる。
    2021-02-04 (Thu) 00:00

    言葉のかけ方次第で、天国にも地獄にもなる。


      アルツハイマー型認知症要介護3義理のおとん。
      在宅介護中嫁の私です。

      私のブログに、お運びくださりありがとうございます。

      介護の基本は、言葉のかけ方にあると私は思う。

      そんな話です。


      おとんの穴
      ↑うえの写真は、おとんの部屋の押し入れ。
      ボロボロでお恥ずかしい。

      穴は、10年前のもの。


      私の余計なひと言で、穴があきました。
      自分の失敗を、忘れないために残しています。



      介護者である私は、おとんのできないことに、目が行ってしまいがちだ。

      私は、心の状態が、言葉にでてくるのだ。
      状態が悪いとあだとなる。

      おとんは、ゴミを集めるのが趣味だ。
      毎日毎日ゴミを拾ってくる。

      その度、私は隠してゴミをすてている。

      私「おとん、いい加減にして。ゴミ拾ってこないでよ」

      父「ごみちゃうで、大事なもんや。毎日じっくり鑑賞しているんや」

      私「汚いものは、ゴミでしょ。捨てるよ」

      父「アホか、天皇陛下からのいただきものじゃ、捨てたらあかん」


      お互いに、否定的な言葉では、永遠にイタチごっこである。

      圧力で、相手を押さえつけようとする頭の悪い上司のようだ。
      だから、反発する。

      注意されることが、好きな人は、この世にいるだろうか?
      たとえ、自分が間違っていたとしてもだ。


      「あーそうなんだね」
      「私と一緒だね」と共感する言葉

      「ほら、見ろ。だから、言ったでしょ」
      「できるわけないだろう」

      と否定的な言葉


      どう言葉を選ぶのかで、
      その人の心への響き方も、ちがってくる。

      相手にいった言葉で、自分の心の変化にも気づくのだ。

      否定的な言葉では、誰も救われない。

      天国にするか地獄にするかは、
      自分の言葉のかけ方しだいである。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村

      ありがとうと笑顔で心は丸くなる。(^_^)ノせばね~

      生きてるだけで丸儲け🌷

      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * 在宅介護 * 対応 * 介護のコツ

      最終更新日 : 2021-02-04

      Comment







      管理者にだけ表示を許可