FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 自分のこと › 好奇心は、老いに負けない。
    2021-01-30 (Sat) 04:00

    好奇心は、老いに負けない。


      いのちが一番大切だと

      思っていたころ

      生きるのが苦しかった

      いのちより大切なものが

      あると知った日

      生きているのが

      嬉しかった

      ー 星野富弘さん ー
      詩画集「鈴の鳴る道」より



      画面が、おかしくなっていたようです。

      私気がつきませんでした。ごめんなさい。(T_T)

      画面おかしいのに、来てくださった方ありがとうございます。
      治っていることを祈ります。(人Д`)


      私のブログにお運びくださりありがとうございます。

      アルツハイマー型認知症義理の親在宅介護中です。


      「心の喜びが、何よりも強い武器にになるお話です。」

      あなたは、自分の心を喜ばせていますか?


      SIMS.jpg

      歳をとると失うことが増えると人は言う。

      歳をとるとおっくうになり、体力や気力を失うこともあるだろう。

      私も「よっこらしょ」が増えた。(おばさんと、呼ばれたくないよ。)

      記憶だって、失ってゆくかもしれない。

      はたして、失うばかりだろうか?

      私の知っている先輩の方々は、生き生きしている。


      私が、参加しているオヤジツアーというサークルがある。

      酒と雪山を愛する会だ。(現在コロナで休止中)

      サークルのリーダーは、74歳(元校長)スノーボーダーだ。
      一級の資格も取得している。

      池の平の民宿ハタノのおじやんは、いまだにレジ打ちを頑張っている。

      83歳のおとんだって、毎日ゴミ集めを楽しんでいる。

      お年を召しても写真を撮り続け頑張る人。

      首から下が動かなくても、くちで絵を描き続ける人がいる。

      みんな、何かしらしんどいのに、毎日わくわくしているのだ。


      私は人生の先輩の方々に教わった。


      失うのは、病気とか老いるからではなく、心のあり方、考え方次第なのだ。


      歳をとっても、好奇心を失わず、つつましい姿勢でいれること。

      どんな状況に、おかれようと楽しむことが、できる。

      心に「よろこび」があれば、歳をとろうが老いに負けない。

      私も、わくわくドキドキ感動して楽しんで生きてやる。
      負けてたまるか。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。

      あなたの大切なお時間を、つかってくださり
      ありがとうございます。

      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村




      心配な親の相談は包括支援センターへ🌷
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * 在宅介護 * 生きる力 * 心の喜び

      最終更新日 : 2021-01-30

      Comment







      管理者にだけ表示を許可