FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 コミュニケーション › 寝てばかりの義理父の魂を揺さぶる。
    2021-01-24 (Sun) 00:00

    寝てばかりの義理父の魂を揺さぶる。


      未来は明るいに決まってる。

      ー 嫁の私 ー


      私のブログにお運びくださりありがとうございます。

      アルツハイマー型認知症義理の父おとん(要介護3)
      在宅介護中嫁の私です。


      寝てばかりいる義理の父だけど、声のかけ方しだいで
      行動します。(声のかけ方のお話です)


      言葉をかけるって単純のようで難しいですね。

      ちょろさん4

      おとんは、朝からのんべんだらりん。

      初期から、みられる意欲低下がますますひどくなっている。


      何も予定がない日は、朝からずっと布団からでてこない。
      o(`へ´ )oプンプン

      トイレとベットを行き来しているだけだ。
      これは、ひじょーに良くない傾向だ。


      一にも二にも、動いてもらはなければ脳に刺激がない。
      次から、次へと言葉が消えてしまう。



      私「おとんひま?一緒に遊びに行こうよ」
      父「わし今忙しい。」布団から顔出しながらしゃべる。
      私「なんで忙しいの?」

      父「息して吐いてるんや、なっ?」
      私「へえ~そうなの・・・」


      こんな声かけではだめだ。

      モテない男の人の誘い文句では、おとんは動いてくれない。
      「体が、弱くなるから動こうよ」と脅してはもっと動かなくなる。

      人を動かすには、愛情とハートをくすぐらなければいけない。



      たとえば、あまり気乗りがしない友達から
      「夕飯食べに行こうよ」と誘われるわれる。

      気が進まないので「用事があるからまた今度ね」と断るだろう。


      しかし、このように言われるとどうだろうか?

      「最近オープンしたレストランでね。トロトロのすね肉シチューが美味しいの。
      あなたにも食べてもらいたくて」

      私はすぐに誘いにのるだろう。
      私を大切に思っていることも伝わってくる。


      これが、ハートをくすぐるということだ。


      ただ声をかければいいってもんじゃない。
      人は、感情で動く。


      ハートをくすぐるには、相手のことをよく観察し、
      何を求めているか知らなければいけない。
      相手の立場になってよく考えるのだ。


      そうすれば、自然と口から「思いやり」があふれるだすのだ。
      認知症の人に行動してもらうには、魂を揺さぶることだ。


      おしまい。

      今日もありがとうございます。
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村

      <補足>
      観察ポイント

      ・生活暦今までどこで、どうやって暮らしていたか?

      ・趣味は何か?

      ・どんな時に、感情が動くのか?

      などなどです。

      以上




      「おとん鯖好きだよね?一緒に買いに行こう」
      「おとんが、入れたコーヒー飲みたいな」
      私は、おとんのハートをくすぐる。
      いつまでも元気でいて欲しいです♡
      (^_^)ノせばね~

      いつもありがとう🌷
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2021-02-04

      Comment







      管理者にだけ表示を許可