fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 工夫 › 認知症9年経過の義理の父の記憶力。
    2021-01-17 (Sun) 19:30

    認知症9年経過の義理の父の記憶力。


      10年前の今日のこと?

      わたしは覚えていませーん。

      あなたは覚えてますか?

      記憶なんてそんなものなの。

      ー 嫁の私 ー


      私のブログに、お運びくださりありがとうございます。
      アルツハイマー型認知症義理の父おとん要介護3
      在宅介護中です。

      この記事は
      「おとんの記憶力と維持するための対策」
      を書いています。

      記憶障害とは?
      過去の体験や、出来事の記憶自体が抜け落ちている状態。
      本人が「忘れている」という自覚はない。
      認知症進行とともに悪化していきます。

      健常な人でも正確な記憶を長く保つのは容易ではない。
      老化によって、記憶は低下する。

      (参考資料:日本認知症ケア学会テキスト。かかりつけの医者。)


      アルツハイマーは、「忘れる」病気です。

      そんな、おとんと私の会話を聞いてくださいますか?


      父「あーうまいね。この時間に飲むコーヒーが一番うまいねー」
      私「そうだね朝のコーヒー美味しいね」

      父「息子は、まだ寝ているのか?」
      私「寝てるよ」」

      父「最近、仕事がないのか?」
      私「日曜日だから休みだよ」

      父「48、49、50、51・・・」
      私「おとん何数えてるの?」
      父「えっ?あれやん」(デジタル時計の秒数を指さす)

      父「あーコーヒーが一番うまいねー」
      私「そうだね。おとんは、ルポのコーヒー好きでしょ?」
      父「ルポ?わし京都生まれ。岡山育ちじゃけ。おまえはどこが一番長く住んだんや?」
      私「北海道だよ」
      父「36、37、38、39・・・」
      私「おとん?」
      父「えっ?なんや?息子は、まだ寝ているのか?」


      5分位の会話ですが、おとんの記憶力はこんな感じです。

      他の話を振っても、またすぐ戻ります。
      集中力もないようです。

      猫は、恩を三日で忘れると言いますが、おとんは1分足らずで忘れます。((´・ω・`;))

      記憶力の改善は難しいですが、忘れないこともあります。

      忘れない
      ↑必ず髭をそるおとん。

      <記憶障害の対策>

      アルツハイマー病は、同じことをくりかえし経験したことは
      忘れにくいようです。(これを手続き記憶と言います。)

      私の対策は、できることを続けてもらうことです。

      毎日のルーティンは大事です。
      毎日顔を洗う、散歩をする、食器を洗うなどです。


      やってもらうコツは、感謝の気持ちを必ず伝えることです。
      これをやることで、楽しくなれるよが効き目があります。

      注意することは、ケアする人が余計なひと言を言わないことです。

      記憶力は、私たちでも曖昧です。
      継続することで、記憶を維持しています。


      お陰様で、おとんはまだ出来ることが残っています。
      今日も認知症は、ゆっくり進行中です。

      おしまい。

      今日もありがとうございます。
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村


      継続は力なり🌷
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2021-02-04

      Comment







      管理者にだけ表示を許可