fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page ›  介護 福祉 医療 › 認知症 › 認知症だけど、心は父親。
    2021-01-05 (Tue) 00:00

    認知症だけど、心は父親。


      時間の奴隷にならないよ~だ。

      ー 嫁の私 ー

      アルツハイマー型認知症要介護3義理の父おとん。
      在宅介護中です。

      私のブログにお運びくださり
      ありがとうございます。

      この記事は
      「心まで、認知症にならない」というお話です。

      ザ・おとん

      「親の心」

      アルツハイマー病のおとんは、ふしぎな行動をする。

      飲み終えた、ジュースのペットボトルを冷蔵庫に戻したり・・・。

      ストーブや電気ポットなどのあらゆる
      コンセントを抜きまくる。

      あー言えばこー言うし、脳は減っても口は減らない。

      こんな言動をみるとアルツハイマーらしいと思う。


      だけどおとんは私に、「息子は、ちゃんと仕事をしているだろうか」

      「無口だから人と話せているだろうか」
      なんていつも、いい歳になった息子を心配しているのです。

      私「おとん、心配しているなら、息子に言えばいいじゃないの?」

      父「息子に要らんこと言わないって決めてるんや。
      息子には、息子のやり方があるやろ。」

      おとんは父親としての信念がある。

      認知症になっても家族を心配してくれるおとんをみると、
      私は温かいものでつつまれる。

      介護しているのは私なのだけれど、おとんに支えられている私がいる。


      認知症の我が道を行くおとんだけど、家族への愛は変わらず
      心は父親のままなのだ。

      おしまい。

      今日もありがとうございます。
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村




      <つぶやき>
      私の好きなブログのお父様
      安心しました。
      高齢者の手術は、体力的にも精神的にも
      リスクが大きいからやらないで済んで良かったです。
      早く良くなりますように(^_^人)



      心をほぐしましょう🌷
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * 在宅介護 * 父親 * 生きる力

      最終更新日 : 2021-01-05

      Comment







      管理者にだけ表示を許可