FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 かかわり方 › 売り言葉に買い言葉。
    2020-12-25 (Fri) 14:00

    売り言葉に買い言葉。


      落ちた先が

      どん底とは限らない。

      ー 嫁の私 ー

      私のブログに、ようこそお運びくださいました。
      ありがとうございます。

      アルツハイマー型認知症要介護3義理の両親の
      在宅介護中嫁の私です。

      この記事は、
      自分にとって何が大切なのかを
      見失わない為に書きました。

      あなたは、ご多忙中見失うことはありませんか?
      メリークリスマス


      「穏やかに暮らすこと」

      認知症介護を、嫌な気分にする原因は言い合いだ。
      おとんは、ああ言えばこう言う。
      アルツハイマー病のおとんは、絶対自分が正しいと
      思い込んでいる。
      自分にとって、都合の悪いことはすぐに忘れる。


      おとんが言ったことは、絶対的事実であり
      本人の意思は変えられない。
      この意思が、自分の人生の中でもっとも重要であれば
      あるほど周囲が反論すれば「こだわり」が強くなる。


      認知症とは、壁を取り払った人間の本能であり、
      プライドで生きている。
      自分のプライドを、傷つける者に対し徹底的に
      攻撃姿勢になる。
      そのことを、介護者である私は肝に銘じなければいけない。


      たとえおとんが、間違ったことを言っても
      正そうと反論しないことだ。

      猫同士のケンカなら笑える。
      しかし、人間対人間ではどうしても感情が入る。
      不満な気持ちが、あふれ出しどちらかが
      止めない限りヒートアップする。

      まるで、仁義なき戦いだ。


      介護する私は、神ではない。
      だから、余計なひと言をいってしまう。
      言った後どうなるかを考えなければ
      平和な日常生活が消える。

      言い合いが、長引けば長引くほど認知症は魔物になる。
      言いたいことをぶちまけても、自分の心にしこりも残る。
      結局は、売り言葉に買い言葉では、いいことは
      ひとつもないということだ。

      売り言葉は、買わないこと。
      介護する私は、けっしてこの意思を
      ゆるがせにしないことだ。

      おしまい。

      今日もありがとうございます。
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村
      いつもありがとうございます。




      どうすれば自分が心地よい状態になるかを
      考えて行動する(^_^)ノせばね~

      健康が第一🌷
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * 在宅介護 * 家族の平和

      最終更新日 : 2020-12-25

      Comment







      管理者にだけ表示を許可