fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 在宅介護 › 日の当たる場所。
    2020-10-23 (Fri) 15:00

    日の当たる場所。


      標準語はしゃべれないけど

      生きていけるべさ。

      ー 嫁の私 ー

      アルツハイマー型認知症要介護3義理の父おとん。
      認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。

      私のブログをみつけてくださり
      ありがとうございます。

      在宅介護で、気がついたこと感じたこと
      を書いています。

      この記事は
      「人は居場所が大切です」
      ということを書いています。

      (1分で読めます。)
      ふくぞう+ちゃばば

      「日の当たる場所」

      家は、のら猫が住みつく。
      おとんが、一生懸命世話をやくからです。


      牙をむきだしていたのら猫も、まるくなります。


      生きものというやつは、順応能力がすごい。
      環境変化におうじて、心と体を変化させるのです。


      草むらで、暮らすカマキリは緑色になる。
      じめじめした暗い場所に住む、ゴキブリは
      気持ちがわるい。


      生きるためには、その場所にふさわしい姿に
      なるということです。
      このことは、人にも言えるのです。


      毎日怒っていたおとんは鬼のようになった。

      暗い場所に閉じこもっていたおかんは、
      暗い表情になり暗い考えが浮び暗い人になった。


      居るべき場所にいなければ、人も気持ち悪い
      生きものになるということです。


      人もそれぞれ、その人に合った場所なら
      心の元気さがちがってきます。


      人は天気がよければ気分がいい。


      日の当たる場所に置いた植物が良く育つように、
      その人にとって居心地がよい居場所が大切なのです。


      だから私は、居場所をつくる。
      家にいる親に「家に帰ります」とは言わせない。


      家族が「ここがあるから大丈夫」と思える場所を
      私はつくり続けます。

      それが嫁の私のつとめです。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。

      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村



      人生で一番の贅沢は、

      家族でごはんをたべることです。
      これが私の大切な居場所です(^_^)ノせばね~

      いつもありがとうございます。
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * 在宅介護 * 存在価値 * 居場所

      最終更新日 : 2020-11-16

      Comment







      管理者にだけ表示を許可