FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 かかわり方 ›  うまいことやる習慣。
    2020-10-18 (Sun) 07:30

    うまいことやる習慣。


      自分の救世主は、自分自身である。

      ー 嫁の私 ー


      アルツハイマー型認知症要介護3義理の父おとん。
      認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。


      私のブログをみつけてくださり
      ありがとうございます。

      在宅介護で、気がついたこと感じたことを
      書いています。

      この記事は
      「自分がどうすればうまく事が運ぶのか」

      を書いています。

      (1分で読めます)

      たばこは忘れない

      「どう受けとめるか?」


      認知症の介護というのは、ひとつひとつに時間がかかる。


      これは、やった人でなければわからないことだ。
      見た目は、普通だからだ。


      高齢者になると、ひとつの行動に時間がかかる。
      認知症があるため、日常生活になぞの行動をする。

      できることなら、時間は有効につかいたい。


      おとんは、ボタンがたくさん付いている物を嫌う。

      たとえば、テレビのリモコンや電話の子機だ。
      いつのまにか消えている。

      探すだけでも、時間がかかるというのに・・。


      ごみ箱に、わざわざバナナの皮に包んで
      リモコンを捨てる。


      私「おとん。お願いだから、リモコンを捨てるのやめてね」

      父「わし知らんで。人のせいにするな💢」


      おとんに、注意したって本人は覚えていないのだから
      火に油を注ぐことになる。


      いちいち正しいことを伝えようとするから疲れる。

      おとんを変えようとエネルギーを使うからケンカになる。
      人を変えることはできないのだから。


      ムダな時間をつかうより、自分がどうすればうまくいく事が
      できるのかを考える。


      おとんが、シャワーを出したままお風呂から上がっても
      見て見ぬふりをする。


      電話の子機を冷蔵庫に入れるのならば
      「片付け上手だね」とほめる。

      そうすれば、おとんを傷つけないですむしケンカにもならない。


      私が認知症の介護を、はかどらせるためには
      うまいことやる習慣を身につけることだ。


      私も家族も円満に過ごすためには、うまいことやる習慣が必要なのだ。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。

      ↓押してくださる方ありがとう♡私は幸せです。
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村

      小さな習慣は、大きな得になる(^_^)ノせばね~

      いつもありがとうございます。
      スポンサーサイト



      [Tag] * 在宅介護 * 認知症 * 習慣

      最終更新日 : 2020-11-16

      Comment







      管理者にだけ表示を許可