fc2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の親を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 在宅介護 › 介護は、腹八分目。
    2020-10-10 (Sat) 00:00

    介護は、腹八分目。


      どす黒いものを

      白に変える。

      ー 嫁の私 ー

      アルツハイマー型認知症要介護3義理の父おとん。
      認知症在宅介護中 嫁の私観察記録です。

      私のブログをみつけてくださり
      ありがとうございます。


      在宅介護で、気がついたこと感じたことを書いています。


      この記事は「介護は、完璧ではなく八分目」
      にする事を書いています。

      (1分で読めます)

      腹八分目

      「心をギュウギュウにしない」

      だ・か・ら・さっきもいったでしょう私の口癖。


      「どうしてわかってくれないの?」心のどこかで、すべてを
      伝えようとするから苦しくなる。


      そこまで意固地にならなくていいのに、親だからわかって
      欲しいと甘えてしまう。


      認知症と頭では、わかっている。


      けれど、心の調子が悪いときは
      気持ちの切り替えができないのだ。


      できない時は、半分できたら良しとしよう。

      できないのなら、また別の日にあらためてやればいい。


      すべてを伝えようとするから大切な人を傷つける。

      完璧に、しようとするから自分を傷つける。


      心の中を、ぎゅうぎゅうにしてはいけない。

      やさしさが、入り込めるように空けておくこと。


      介護は、腹八分目がちょうどいい。

      お腹いっぱいでは動けない。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。

      ↓押してくださる方ありがとう♡私は幸せです。




      心がどす黒いときは掃除するのがいいね(^_^)ノせばね~

      いつもありがとうございます。
      スポンサーサイト



      [Tag] * 認知症 * 在宅介護 * がんばらない

      最終更新日 : 2022-01-14

      Comment







      管理者にだけ表示を許可