FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 かかわり方 › 積極的に忘れる。
    2020-10-06 (Tue) 00:00

    積極的に忘れる。

      私が苦手なこと

      相手からうけた危害を忘れること

      ー 嫁の私 ー

      アルツハイマー型認知症要介護3義理の父おとん。
      認知症在宅介護中 嫁の私観察記録です。


      わたしのブログを、みつけてくださり
      ありがとうございます。

      在宅介護で、気がついたこと感じたことを
      書いています。


      この記事は、義理の父おとんから教えてもらった
      「積極的に忘れる」です。

      (1分で読めます)


      ちゃーさん3
      ↑ごはんを忘れて寝るチャーばばさん

      「積極的に忘れる」

      嫌なことは、さっさと忘れたい。


      人間ってやつは、してもらったことは忘れる。
      やられたことは、いやでも覚えている。

      本当に、たちが悪い。


      そして私は、記憶力がいい方だ。

      嫌なこと悲しいこと楽しいことほとんど覚えている。


      記憶力が、いいと言うことは良いことかもしれない。


      仕事でも友人にも褒められること間違いないだろう。


      しかし、覚えすぎていると嫌なことを
      ずっと引きずって根にもってしまう。


      何かに、心がうばわれていると体が動かなくなる。

      うしろにも前にも進めない。


      わたしは、記憶することで限りなく不幸のちかくにいる。



      おとんは、ごみをそこら中に置いて部屋を汚す。


      自分で置いたことを忘れて

      「誰だ!わしの部屋を汚すのは💢おまえかぁぁーー」と怒り出す。


      怒りだすので、仕方なく私は掃除をする。


      部屋がきれいになると私に言うのだ。

      「そんなにバタバタ動くな。しんどいだけだぞ。ゆっくりせえや」

      そう言ってコーヒーを入れてくれた。


      おとんは、コーヒーを飲みながら幸せそうに笑っている。


      さっきのことはすでに、忘れている。


      そして

      「この時間に、飲むコーヒーが一番うまいね。ありがとう嫁の私」

      おとんは、嫌なこと忘れてキラキラしているのだ。


      私といえば、部屋を汚し余計な掃除までさせられ
      うじうじイライラしてた。

      そんな私に、ありがとうと言う。

      こんな私に、感謝してくれるのだ。


      イライラしていた私は、なんて器が小さいんだ。


      おとんは、いろんなことを忘れる。


      けれど、おとんが忘れるおかげで
      私は忘れかけていた大切なことを思い出す。


      忘れることができるから、前に進めるのだ。


      不幸に見えることも忘れるから幸せになれる。


      おとんと私のために、嫌なことは積極的に忘れることだ。


      認知症の介護をする私には、積極的に忘れることが必要なのだ。


      今日起きたつまらないことは、
      いま忘れても損はない。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。


      ↓押してくださる方ありがとう♡私は幸せです。
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村


      忘れることが出来るって素晴らしいですね(^_^)ノせばね~

      いつもありがとうございます。
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2020-11-16

      Comment







      管理者にだけ表示を許可