FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 認知症 かかわり方 › コミュニケーションの極意は、笑顔です。
    2020-09-06 (Sun) 17:00

    コミュニケーションの極意は、笑顔です。


      笑顔は 万病に効く薬


      ー 嫁の私 ー


      認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。

      アルツハイマー型認知症義理父要介護3
      (呼び名:おとん)認知症進行度中期~。

      在宅介護で、気がついたことを書いています。


      認知症が、進行してくるとかかわり方がむずかしくなる。

      介護している人が、介護者のことを苦手だと感じている場合

      なおさらコミュニケーションがとりにくいです。


      「笑顔が円満にいく極意」

      を書いています。

      「笑顔が最強です」


      認知症のおとんは、自分だけで楽しい気持ちになれない。


      どういう意味かといえば・・・

      私がたいくつな時は、本を読んで楽しむことができる。


      腹がたつときは、流し台のシンクを

      ゴシゴシ洗ってすっきり気分になれる。


      私はどうやれば、自分が楽しい気持ちに

      なれるかをわかっています。


      おとんは、たいくつな時はたいくつなまま寝て過ごす。


      腹がたつときは、イライラしたまま過ごす。


      おとんは、気分を変える方法がわからないのです。


      時間が立つと忘れるけど、嫌な感情だけが残ってしまう。

      (ストレスがたまってゆくこと)


      見過ごしてしまうと、嫌な感情ばかり残って爆発する。

      (二次的災害暴言などにつながる)


      そうならないためにも、

      コミュニケーション(かかわり方)が大切です。


      コミュニケーションとは

      べらべらしゃべっているわけではありません。


      人は、誰しも話がしたくない時もあるのです。


      おとんが黙っている時は、

      私は静かに微笑んでいます。


      おとんが、話し出すまで微笑んで待つのです。


      ムスッとした顔なら誰も話しかけたくないでしょ?

      笑う門には福来たる

      よい人間関係って

      笑顔からはじまると思います。


      知らない人でも、笑顔で「おはよう」って言われるとうれしい。


      微笑んでる人は、話しかけやすい。


      笑ったふりをしているだけで前向きな感情が生まれる。


      それだけ笑顔は最強なのです。


      認知症のおとんだって同じなんです。


      笑顔で、話しかければ笑顔になります。


      おとんが、笑顔だとすべてが上手く

      まわっているとさえ思えます。


      認知症だろうが、なかろうが笑顔という

      楽しい感情はうつるんです。


      笑顔は、周りの人まで幸せにしてくれます。


      コミュニケーションで困ったら、微笑んであげるだけでいいのです。


      そして感謝の気持ちも忘れずに伝えると

      良い人間関係がつくれます。


      平和は、笑顔からはじまるのです。


      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。



      ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

      にほんブログ村 介護ブログへ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 病気ブログへ
      にほんブログ村

      笑う門には福来たるです。
      元気でいてくれてありがとう(^_^)ノせばね~

      いつもありがとうございます。
      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2020-09-06

      Comment







      管理者にだけ表示を許可