FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 周辺症状 › その一言で、認知症スイッチが入る。
    2020-08-15 (Sat) 11:00

    その一言で、認知症スイッチが入る。


      太陽になりたい

      ー 嫁の私 ー


      認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。


      アルツハイマー型認知症義理父要介護3
      (呼び名:おとん)

      在宅介護で、気がついたことを書いています。


      認知症だからといって、何も感じないわけではありません。

      ネガティブ感情には、特にびんかんです。


      失礼な人は、相手が

      人間であることを知らないのです。


      「適当なことを言うとスイッチが入る」

      ことを書いています。

      (2分で読めます)

      <認知症の人にやってはいけない話し方>

      ・拒否すること

      ・無視すること

      ・口をはさむこと

      ・早口で話す

      ・長文で説得すること

      ・正しくしようと理論的に話すこと

      ・笑顔無く、真面目な顔で話す

      ・真正面で目を見ないで話す

      ・認知症の人の話を聞かない。

      ・その場しのぎでごまかそうとする。
      などです。


      (参考資料:厚生労働省、かかりつけのお医者さん)



      ※認知症スイッチとは?

      父が不安や混乱、恐怖、楽しいなど感情が動いた時、

      認知症状が濃くでてふだんの父から切り替わること。

      ジッポ
      (おとんのこだわりジッポ)

      「めいわくなお客様」

      お盆は、いろんなお客様がいらっしゃいます。


      おとんのお弟子さんやご兄弟などです。


      認知症とわかると、なぜか普通に会話をしない人が多い。


      私は不思議です。

      認知症になったからといって、

      すべてがわからないわけではありません。


      例えば、こんな事がありました。


      おとんが、昼寝をしていたところ親族の人がいらっしゃいました。


      嫁の私は、父が寝ていることを伝えます。


      しかしその方は、ズカズカおとんの部屋に入ります。


      私が、その方の目にうつらなかったようです。


      その方「おい、わしだ。わかるか?」


      父「・・・・」

      その方「おい起きろ。わかるか?」


      寝起きなので、父はピンときません。


      待ってると話し出します。

      その方「すっかりボケてしまったのか?」


      父「ボケてへんわ。わし眠たいんじゃ」


      その方「おまえが、起きるっていっただろう。


      「わし、起きるって言ったか?」


      その方「起きるって言ったんだよ。ま、そんなことより〇〇が言ってたぞ・・」


      それからその方は、早口で何か話します。


      そのたび父は「わし起きるって言ったか?」

      「わし起きるって言ったか?」

      を繰り返します。

      そうなんです。

      認知症スイッチが入ったんです。


      「わし起きるって言ったか?」

      を5回目に、その方は帰られました。


      置き去りにされたおとんは、嫁の私に言ってきます。


      父「わし起きるって言ったか?」


      私「大丈夫。言ってないよ。」


      父「あいつ恐い顔で起きるって言った」

      父「わし、なんで怒られたんや?」


      私「大丈夫だよ。誰も怒ってないよ」


      父「あいつ、家建てた時も怒ってたな」


      私「そうだったかな?怒ってないと思うよ」


      父「いいや、妹も怒ってた。〇〇は何とかやーーって」


      それから、30分位怒った怒ってないの話を

      おとんは続けます。


      どんどんおとんの話が、それていきます。


      けれど私は、うなずきながら聴くことにしています。


      私が途中で、話をそらすと違う日に

      おとんは思い出しむしかえすのです。


      そうならない為に、今満足がいくまでおとんに話をさせます。


      満足すると、おとんは自分から

      「タバコすいたいわ」と言い出します。


      話は終わったというおとんの合図です。


      内容がない話を、聴く私はしんどいです。


      けれど話を聴くことで、

      他のことでゆうずうがきくようになります。


      私にとって助かるので、認知症スイッチが

      入ったら時間が許す限り話を聴きます。


      おとんも、落ちつくからね。


      お客さまも、人としての気づかいを忘れないことを願います。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。


      ↓ポチっと押してくださるとうれしいです。
      ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村


      水分補給お忘れなく~(^_^)ノせばね~

      いつもありがとうございます。
      スポンサーサイト



      [Tag] * 在宅介護 * 認知症 * スイッチ

      最終更新日 : 2020-08-15

      Comment







      管理者にだけ表示を許可