FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page ›  介護 福祉 医療 › なぜ義理の両親の介護を続けられるのか?
    2020-08-11 (Tue) 17:00

    なぜ義理の両親の介護を続けられるのか?


      不幸は自分でまねく

      幸せは自分で作る

      ー 嫁の私 ー

      認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。

      アルツハイマー型認知症義理両親要介護3です。

      在宅介護で、気がついたことを書いています。


      親がアルツハイマー病と診断され8年になる。


      診断される以前の2年間は、終わらない不幸だった。


      「わたしがなぜ主人の親の介護を続けられるのか?」

      を書いています。

      (1分で読めます)
      おもい

      「介護の女」

      嫁の私は、主人の親をみることを

      何も考えることなく引き受けた。


      それは、実母を家で介護していたからなのだ。


      在宅介護歴だけは長い。

      親は元気なのだから、簡単に介護ができると思った。


      しかーし、そうは問屋がおろさない。


      私は、認知症の介護をあまくみていたのだ。

      今、考えてもおバカすぎる。


      そもそもわたしは、寝たきりの母を

      みていたので身体介護は苦痛ではない。


      けれど、認知症の介護はド素人。


      アルツハイマー病の親2人を、みれるわけがない。


      そうなのだ。

      介護なんて、一人ではできない。


      助けが必要なのに、

      介護サービスを受けるまでのハードルの高さ。


      家では、同じ質問に同じことを答える日々。


      時にはドロボウあつかい。


      親族は、口出し介護。


      がんばっても、誰もありがとうなんていわない。


      自分では、できると思っていたことがどんどんくずれてゆく。


      夕飯の支度の時間には、目が真っ赤だ。


      誰に言ったって、認知症の介護をした人しかわからないのだ。



      いつからだろう。

      悲しすぎたせいなのか?

      私は、ぶち切れた。


      自分の身を、こわしてまで介護をしようとは思わない。


      しかし、介護をしなければいけない状況だ。


      どうせ介護をしなければいけないのだ。

      楽しい方が、良いにきまってる。


      なぜ嫁の私が、義理の両親の介護を続けられるのか?


      それは、自分のために介護を続けるのだ。


      自分の為だとがんばれる。


      私の楽しい人生を送るためだ。


      がまんをするためではない。


      義理の両親だから、冷静に判断できることもある。


      そして、私をささえてくれる

      もう一人介護する者が、いてくれるから続けられるのだ。

      みんなのお陰だと思う。

      おしまい。

      お読みいただきありがとうございます。


      いつもありがとうございます。
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村

      皆様の支えのおかげで介護が続けられます。
      ありがとうございます。(^_^)ノせばね~

      スポンサーサイト



      最終更新日 : 2020-08-11

      Comment







      管理者にだけ表示を許可