FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 在宅介護 › おとん晴れのち妄想。
    2020-07-24 (Fri) 20:00

    おとん晴れのち妄想。


      あつかましいと言われようが

      この世にしがみついてやるからな

         ー おとん ー

      認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。

      アルツハイマー型認知症義父要介護3
      (呼び名:おとん)

      在宅介護で、気がついたことを書いています。


      前回の記事の続きです。前回はこちら→新たな症状なんですか?

      ちゃーさんよ

      「脱水と妄想」


      おとんが、止まってしまうという日。

      あれからおとんは、なにごともなく二日たった。

      きっと自粛や梅雨で、家に居ることが多かったせいだ。

      それで、少しおかしくなったんだ。

      わたしは、自分勝手にいいように考えていた。


      この考えが間違いの始まり。



      それはそれは暑い7月の第一週め。


      おとんは、元気にデイへ行った。

      デイから帰宅すると、

      おとんはいつもの散歩(歩き回る)だ。


      しかしおとんは、

      台所のテーブル席に座っていた。


      私「おとん、ただいま~」
      (仕事から帰宅する嫁の私)

      父「・・・・」


      私「おとん。めずらしいね家にいるなんて?えっ?」

      私は、おとんの目を見ながら話しかけている。

      なのに、おとんは戸棚がある方を見ている。

      しかも、小声で何かしゃべっているのだ。


      父「太郎(仮名:父の名前)は、どうしようもない・・・神様と更新中・・」


      私「ねえ、おとん?嫁の私ですよ?」

      父「・・・・いつになったら死ねますか?」

      あきらかにおかしい。

      私は、おとんをたたいて名前をよんだ。


      私「おとん(バシバシたたく)佐藤太郎さん。太郎さん」

      (この時間、5分ぐらいだったと思う)


      父「痛いやんか💢」

      私「おとん私が誰かわかる?」

      父「おまえアホか?嫁の私やん」


      おとんが、ふつうに答える。

      さっきまでのは、なんだ??



      わたしは、すぐにおとんを病院に連れて行った。


      おとんは、歩き方がいつもと違ってフラフラだった。

      それでも、病院はいやだぁーーとわめいている。


      なんとかなだめたら、病院で500ccの点滴をうたれた。


      おとんは、なぜか脱水。


      ふだんのおとんは、1.5ℓのペットボトルの
      お茶をガブ飲みする。


      なんで脱水なの?

      おとんは、利尿剤とか高血圧のお薬は飲んでいない。


      あんなにお茶を飲む人が脱水になるわけ?

      水分摂取

      点滴が終わると、いつものおとんだった。


      父「早よ帰るぞ。こんなとこにいたら死ぬわ」


      私「私が、もうあかんわと思ったよーー」


      父「アホか?わし健康だもん。」

      父「厚かましいと言われようがな。わしは、この世にしがみつくからな。」

      いつもの俺様おとんだ。


      なぜ脱水だったかも判明した。


      おとんは、デイサービスで出されたお茶を

      飲んでいなかった。

      (よそのお宅なので遠慮していたらしい。

      父の通っているデイは、こちらから聞かないと教えてはくれない。)



      おとんが、デイにいくと脱水になりやすいというわけだ。


      デイだから、水分がとれると思っていた

      私が甘い考えだった。(--#反省)


      かかりつけの先生も言ってた。


      脳血管性認知症の人やアルツハイマーの人は、

      水分をとるのが少ないと言う。

      脳が、そうさせているそうだ。


      それに、高齢者でのどが渇きにくい。


      脳の80%は、水分でできている。

      水分が、不足すると

      健常の人でも頭がボーッとする。



      脳が萎縮(いしゅく)している認知症の人が、

      水分不足するとせん妄が起きやすい。
      (幻をみる)


      認知症には、水分不足が

      問題行動になると言うことだ。


      これからどんどん暑くなる。


      何かおかしい時は、脱水を疑うべきだ。

      水分を飲むのを忘れてはいけないのだ。

      おしまい。


      お読みいただきありがとうございます。

      <補足>

      脱水症とは?

      体内の体液が不足した状態のことを言う。


      <脱水症状>

      ・唇がカサカサしている。

      ・普段より汗がでる。

      もしくは、まったくでない。

      ・血圧がいつもより低い。


      (父はふだん高め、上が140前後)


      脱水症時120/65でふつうだと思った。

      しかし、おとんにとって低かったと言うこと。


      ・爪を押さえても、赤みがない。

      ・便秘がつづく。

      ・尿臭がきつい。尿色が濃い。

      ・めまい、ふらつく。

      ・手がしびれる。足がつる。

      ・イライラする。言語不明瞭、幻覚など。


      <高齢者の脱水予防>


      ・食事以外で水分1,000ccをとる。

      ・キンキンに冷えた物ではなくぬるめのもの。


      ・入浴前、起床時、寝る前など水分補給する。


      ・むぎ茶やミネラルの成分がはいっているのがよい。

      (参考資料:かかりつけの医者)


      ※お年寄りの方は、水分を飲むの嫌がる人多いよね。
      水分を飲んでもらうってたいへんだよ。



      のどが渇く前に水分をとろう(^_^)ノせばね~

      いつもありがとうございます。

      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村




      スポンサーサイト



      [Tag] * 在宅介護 * 認知症 * 脱水症

      最終更新日 : 2020-07-24

      Comment







      管理者にだけ表示を許可