FC2ブログ

    介護日記 おとんナウ

    認知症の義父と義母二人を在宅介護している見守り人嫁のお話です。

    Top Page › 傾聴 › 何が言いたいのか?ワケが、わからない話をする父。
    2020-07-15 (Wed) 18:00

    何が言いたいのか?ワケが、わからない話をする父。


      精一杯生きることを

      知る素晴らしさ

      ー 嫁の私 ー

      認知症在宅介護 嫁の私観察記録。


      アルツハイマー型認知症義父

      (呼び名:おとん)要介護3です。

      在宅介護で気がついたことを書いています。


      認知症のおとんは、頭にいま浮かんだことを話をする。

      なぜ今、その話をするのかわからない。


      会話を続けるには、忍耐力と努力が必要だ。


      ワケがわからない話をする父に

      私が対応をしたこと書いています。

      (1分で読めます)

      fuku

      話の内容がみえない父

      私が仕事から帰宅後、忙しくてもおとんと必ず会話をする。


      なぜかというと、認知症は記憶障害がある。


      そのため少しずつ言葉を忘れる。


      物の名前や人の名前など忘れてゆく。


      これからもおとんと会話をするためには、

      話をさせることが大事なのだ。


      しかしおとんは、ほとんど思いつきでしゃべる。


      そして、他の人の話には興味がない。

      会話がなりたたない。


      私は、おとんと会話をしようと努力する。


      私は、会話をしておとんを怒らせたことがあるのだ。


      私「おとん。ただいま~今帰ったよ」


      父「今帰ったのか?朝からおったやろ?」


      私「仕事から、今帰ったんだよ」


      父「あのな、ヤモリいるやろ?」


      私「私が帰ってきて、おかえりって言ってほしいな?」


      父「アホ、今わしがヤモリのこと言うてるやろ」


      私「えっ?ヤモリがどうしたの?」


      父「おまえが、変な話するから忘れたやろ💢もうええわ💢」


      おとんは、怒ってしまった。


      私がおとんの話をさえぎったからだ。


      誰だって自分の話を聴いてもらえないとイライラする。


      認知症のおとんと、会話するためには

      おとんの話を優先させること。


      腰をおらずに、話を聴くことが重要だ。


      話に割りこまないで相づちをうつ。


      おとんは、会話中わけがわからない話を突然する。


      自分の頭に浮かんだことを話すからだ。


      思い出したことを忘れないうちに

      話をするので会話にならないときもある。


      だけどおとんは、話をするだけで心が

      落ちついてスッキリするのだ。


      おとんは、話が終わると満足げに笑っている。


      だから私は、おとんがワケがわからない話をするときは

      だまって聴くことにしたのだ。


      父との会話まとめ


      ・ワケがわからない話は黙って聴く。


      ・話の腰をおらない。


      ・共感するけど同調しない。

      (同調すると間違ったことを頭にうえつけてしまうから)


      ・否定しない。


      最後になりますが、認知症の人との会話に

      行きづまる時は、黙って相手の話を聴くことが

      大切だということです。

      おしまい

      自分の話を聴いてもらえるとうれしいね(^_^)ノせばね~

      お読みいただきありがとうございます。

      ↓ポチっと押してくださるとうれしいです☀
      にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
      にほんブログ村
      ランキング参加中です。

      いつもありがとうございます。
      スポンサーサイト



      [Tag] * 在宅介護 * 認知症 * 会話

      最終更新日 : 2020-07-15

      Comment







      管理者にだけ表示を許可